診療科・部門

放射線診断科(血管内治療部門)

診療科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

生活習慣病の増加に加えて、超高齢社会を迎えた本邦における大動脈・末梢血管疾患の罹患者数は増加の一途にあります。これらの疾患に対する従来の人工血管置換術、バイパス術に比べ圧倒的に侵襲の少ない血管内治療は長足の進歩を遂げ、ほぼ全身の血管に対して適用されるようになっています。
当科の方針は、地域の基幹病院、研究機関としての特性を生かし、最先端、最適の血管内治療を提供することです。

主な診療内容

大動脈疾患の血管内治療(700例を超える治療実績があります)
・腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、大動脈解離に対するステントグラフト内挿術
・大動脈解離に対する経皮的開窓術、ステント留置術
末梢血管の血管内治療
大動脈、大動脈分枝(腸骨動脈、大腿動脈、膝窩動脈、膝下動脈、腎動脈、腕頭動脈、鎖骨下動脈の狭窄性病変に対する経皮的血管形成術
血管内治療を含むフットケア
下肢動脈の狭窄性病変が原因で生じる足の壊死性病変対する経皮的血管形成術、創面切除及び保護を含む「足病」の総合的診療

得意とする分野

  • 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術
  • 大動脈解離に対するステントグラフト内挿術
  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術
  • 腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術
  • 大動脈解離に対する経皮的開窓術、ステント留置術
  • 下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療
  • 大動脈分枝の狭窄性病変に対する血管内治療
  • 外傷性出血に対する血管内治療
  • 静脈・大静脈の閉塞性・狭窄性病変に対する血管内治療
  • 血液透析用内シャントの閉塞性・狭窄性病変に対する血管内治療

受診される方へ

かかりつけの先生に「血管の病気」と言われたら、まず当科を受診してください。
最新、最適の診断、治療を提供いたします。