病名・医師名
フリーワード検索

患者さんの権利

患者の権利・責務とパートナーシップ

医療者は【患者の権利】を尊重し、患者は【患者の責務】を理解することにより、両者の間に優れたパートナーシップが構築され、医療者は患者に良質で適切な医療を提供することが可能になると考えられる。

以下に、当院における【患者の権利】と【患者の責務】を定める。

  1. 患者の権利
    1. 良質で適切な医療を公平に受ける権利

      患者は、常にその最善の利益に即して、医学的原則に沿った良質かつ適切な治療を公平に継続して受ける権利を有する。
    2. 選択の自由の権利

      患者は、医療機関等を選択・変更する権利、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利を有する。
    3. 自己決定の権利

      患者は、治療法や医学研究・教育に関わる自己決定の権利を有し、そのために必要とされる情報を得る権利を有する。
    4. 情報に対する権利

      患者は、自己の病気の診断・検査や治療の効果と危険性、他の治療の有無、看護の内容および病状経過などの情報について、わかりやすい言葉で十分な説明を受け、また、自由に質問する権利を有する。
    5. 守秘義務に対する権利

      患者は、自分自身の医療にかかわるあらゆる情報、ならびにその他の個人情報が、患者の死後も秘密が最大限守られる権利を有する。
    6. 尊厳に対する権利

      患者は、いかなる状況においても人間としての尊厳が守られる権利を有する。
    7. 病院に提言・相談をする権利

      患者は、病院に対し種々の提言をすることができ、また、医療・福祉・栄養管理等について相談をする権利を有する。
  2. 患者の責務
    1. 医療の中心は患者であるので、積極的に医療に参加する。
    2. 自分自身の健康に関する情報を正確に提供する。
    3. 他の患者の療養・治療に支障を与えないように配慮する。
    4. 安全確保のため、自ら名前を名乗ることやリストバンドの装着に協力する。
    5. 医療提供施設の機能に応じて適切に受診するよう努める。