診療科・部門

放射線診断科(画像診断部門)

独自HPへ

診療科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

CT, MRI, 核医学(PET-CT)などの画像診断機器の技術革新に伴って、高精細の三次元画像を短時間に得ることが可能になっています。
最適な治療を行うには確かな診断が不可欠であり、膨大な画像から正確な診断を行う専門のトレーニングをうけた放射線診断医の役割はますます高まっています。
放射線診断科では最新の装置を活用して放射線被ばくの少ない低侵襲な検査を行い、世界最高水準の画像診断を行っています。

主な診療内容

  1. 画像診断
    • CT:2管球CT、320列CT、逐次近似再構成法を駆使し、高精細画像を低被曝で撮影。
    • MRI:3台の高磁場3テスラMRI装置による最新の撮影法を行い、小さな病変も検出。
    • 核医学:サイクロトロンと2台のPET-CTによる診療を行っています。
    • 循環器、神経放射線、乳腺、呼吸器、泌尿生殖器、核医学など各領域の専門家による診断
  2. CTガイド下肺生検、胸腔鏡下手術前のCTガイド下経皮的肺マーカー留置、気管支鏡検査、肺動静脈奇形や喀血などの血管内塞栓術
  3. 甲状腺機能亢進症(外来治療)や甲状腺がん(入院治療)に対する内照射治療

得意とする分野

  • 核医学:呼吸による画像ボケのない最新のPET-CT装置を使った腫瘍診断(18F-FDG)と心筋血流評価(13Nアンモニア)など、最先端核医学検査を行っています。
  • 循環器画像診断:放射線被曝なしに冠動脈狭窄を診断できる冠動脈MRAでは世界トップの実績。心臓CTに関しても、動きによるボケの少ない鮮明な画像を他病院の数分の1の放射線被曝で撮影できます。
  • 神経放射線:3テスラMRI装置を駆使しで、病変を綿密に診断しています。
  • 乳腺(マンモグラフィー、エコー、MRI、核医学検査、MR下マンモトーム検査)
  • 呼吸器(CT、MRI、気管支鏡、CTガイド下生検、血管内治療、核医学検査)

受診される方へ

放射線診断科では、三重大学病院の各診療科を受診される患者さんのCT, MRI, PET-CTなどの画像検査を行い、画像診断レポートを各科の担当医にお送りしています。
他病院では実施できない高度な検査(心臓MRI・CT、脳神経疾患の3T MRIによる精査、PET-CT等)については、紹介状による外来検査も行っています。