病名・医師名
フリーワード検索

診療案内

治療方針

疾患や治療により弱ってしまった体の機能について医学的な側面から包括的な評価を行い、患者様が不自由のない日常生活に戻れるよう適切な訓練や指導を行っています。

主な診療内容

脳神経疾患・脳外傷・脊髄損傷・神経筋疾患

手足の動きや認知的な機能の障害に対し、リハビリテーションを通じて回復・改善をサポートしています。また手足の筋緊張異常(つっぱり)に対し、外来にてボツリヌス療法を行っています。

呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、消化器疾患など

当該疾患にて入院された患者様に対し、筋力低下や体力低下の予防・合併症予防を目的に運動療法を提供しています。

がん

手術や化学療法、放射線療法に伴う合併症や身体機能低下を予防するために、治療前後における運動療法を提供しています。

摂食嚥下障害

口から物を食べる機能に障害のある入院患者様に対し、適切な評価や指導・訓練を行っています。

得意とする分野

  • 上下肢痙縮に対するボツリヌス療法と運動療法
  • 下肢麻痺や下肢切断に対する下肢装具、義足の処方
  • 摂食嚥下障害に対する評価とリハビリテーション
  • 胸腹部外科手術予定患者様に対する術前運動療法
  • リハビリテーション患者様に対する栄養管理

高度先進・特殊医療

経頭蓋磁気刺激療法

磁気を用いて経頭蓋的に脳を刺激することで脳の活動性を高め、脳損傷後の上下肢麻痺や失語症、嚥下障害に対するリハビリテーションの効果を高めることができます。

特徴的な検査・医療設備

  • 嚥下内視鏡検査
  • 嚥下造影検査
  • 電気刺激装置
  • 三次元動作解析装置

専門外来・特殊外来

  • ボトックス外来
  • 義肢装具外来

スタッフ紹介

顔写真 科長・教授
百崎良
専門分野
摂食嚥下障害、義肢装具療法、上下肢痙縮に対するボツリヌス療法、日本リハビリテーション医学会専門医、日本義肢装具学会専門医、高齢者栄養療法認定医

外来担当医表

2020.8.25 更新
初診 義肢装具外来午前
ボトックス外来(3週のみ)午後
再診 義肢装具外来午前
ボトックス外来(3週のみ)午後
  • 初診:紹介状必要

休診・代診のお知らせ

休診 -