病名・医師名
フリーワード検索

診療案内

治療方針

IVR科は、がんや血管性病変を低侵襲な治療で直すことを目的としています。
最先端の治療設備を有しており、高い医療技術を提供します。

主な診療内容

  1. 悪性腫瘍の診療
    • 肝がんや肺がん、腎がん骨転移といった腫瘍の他に、肉腫の再発や転移等の一般的に治療な困難な腫瘍に対する治療を行っています。ラジオ波凝固療法や凍結療法などの最先端治療が行われています。
  2. 良性腫瘍
    • 症候性の副腎腺腫や骨腫瘍、子宮筋腫、血管腫に対しても塞栓術やラジオ波凝固療法等の治療を行っています。
  3. 血管性病変
    • 血管奇形に対して塞栓術や硬化療法を行っています。
  4. 骨粗鬆症による圧迫骨折
    • 経皮的椎体形成術を行っています。

得意とする分野

  • 肝がん:血管塞栓術やラジオ波凝固療法、エタノール注入療法や、抗がん剤動注療法等を駆使して治療を行っています。
  • 肺がん:ラジオ波凝固療法で治療を行っています。
  • 腎がん:ラジオ波凝固療法や凍結療法、動脈塞栓術で治療を行っています。
  • 骨腫瘍:凍結療法で治療を行っています。
  • 副腎腫瘍:血管塞栓術やラジオ波凝固療法、エタノール注入療法で治療を行っています。
  • 血管奇形:動脈塞栓術や硬化療法で治療を行っています。
  • 子宮筋腫:動脈塞栓術を行っています。
  • 椎体圧迫骨折:経皮的セメント注入療法を行っています。
  • 門脈圧亢進症:難治性腹水や食道・胃静脈瘤に対して塞栓術や硬化療法、シャント術、ステント留置などを駆使して治療を行っています。

高度先進・特殊医療

ラジオ波凝固療法
肝がんや肺がん、腎がん骨転移といった腫瘍の他に、肉腫の再発や転移等の一般的に治療な困難な腫瘍に対する治療を行っています。ラジオ波凝固療法や凍結療法などの最先端治療が行われています。
良性腫瘍
症候性の副腎腺腫や骨腫瘍、子宮筋腫、血管腫に対しても塞栓術やラジオ波凝固療法等の治療を行っています。
血管性病変
血管奇形に対して塞栓術や硬化療法を行っています。
骨粗鬆症による圧迫骨折
経皮的椎体形成術を行っています。

特徴的な検査・医療設備

CT(CT透視)
キヤノン製Aquilion ONE
IVR-CT血管造影装置
キヤノン製Infinix Celeve-i INFX-8000C
X線血管造影装置
Philips製AlluraClarity FD20 OR Table(手術室に設置)
冷凍手術器
GALIL MEDICAL製Cryo-Hit
ラジオ波焼灼システム
COVIDIEN製Cool-tip RFAシステム Eシリーズ 2台
STAR medical製VIVA RFジェネレーター

スタッフ紹介

顔写真 副科長・講師
中塚豊真
専門分野
IVR全般、特に骨のIVR・AI・CT、放射線診断専門医
顔写真 病棟医長・助教
山中隆嗣
専門分野
IVR全般、放射線診断専門医
顔写真 助教
杉野雄一
専門分野
IVR
顔写真 医員
松下成孝
専門分野
IVR

外来担当医表

2018.10.31 更新
初診
要予約
中塚豊真 中塚豊真
再診 中塚豊真
杉野雄一
松下成孝
中塚豊真
杉野雄一
中塚豊真
杉野雄一
松下成孝
山中隆嗣
松下成孝
山中隆嗣
中塚豊真

休診・代診のお知らせ

休診 松下 11/22(木)