診療科・部門

糖尿病・内分泌内科

写真
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

糖尿病は近年、その病態の解析、診断、治療の面において、飛躍的に進歩した分野といえます。また、内分泌疾患は、甲状腺疾患のみならず、普段あまり聞きなれない病気もたくさんありますが、適切な診断、治療を行うことにより患者さんの予後とQOLを大きく改善することができます。当科では患者さん個々の病態を把握し、生活に合わせたオーダーメイドの治療をめざしています。
また、糖尿病、内分泌疾患は妊娠出産時にも非常に大きな問題となります。
当科は子育て中の女性医師も多数在籍しており、男性医師、女性医師ともに、妊娠出産を控えた女性の気持ちに沿った治療を行うよう心がけています。

主な診療内容

糖尿病、代謝性疾患
  • 他科、多職種との連携体制(糖尿病教育、合併症の治療、予防など)
    総合病院の強みを生かし、合併症が出現している場合は、腎臓内科、眼科、循環器内科、神経内科および脳神経外科等と協力して診療しています。また、糖尿病療養指導士による糖尿病療養指導、透析予防指導も行っています。
  • 糖尿病教室
    医師、看護師、薬剤師、栄養士等、様々な職種が講師を担当し、患者様やご家族により糖尿病についての理解を深めていただくための活動を行っています。
  • NST(栄養サポートチーム)への参加
  • 活発な地域連携
    たくさんの患者様を地域の医療機関様からご紹介いただいています。ご紹介いただいた患者様の血糖の悪化の原因検索や合併症の評価を行い、お薬の調整や、栄養指導、療養指導を行い血糖コントロールがついた上で、再びかかりつけ医さんへお戻り頂き、引き続き診療をうけていただきます。地域連携を深めることにより、患者様のQOLをより高める治療が行えると考えています。
  • 手術、検査などを控えた患者様の血糖調整
    外相や手術などのストレス下では、血糖値の上昇や、不安定な状態が見られ、また、血糖コントロールが悪い状況下では、傷の治りが悪く、感染しやすいということがわかっています。糖尿病の患者様が手術や検査、処置、化学療法など、安心安全に受けていただけるよう、血糖調整を行っています。
内分泌疾患
内分泌疾患の中には、特殊な検査や、手術治療、放射線治療が必要な疾患も数多くあります。当院では各科と連携しながら最適な検査、治療を行うことができます。

  • 下垂体疾患(下垂体機能低下症、クッシング病、先端巨大症など)
  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎など)
  • 副腎疾患(クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫など)