診療科・部門

輸血・細胞治療部

部門イメージ
  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

輸血部と中央検査部が協働し24時間体制で安全で効率的な質の良い輸血医療をサポートしています。
輸血検査や製剤の供給、大量出血時の止血管理に取り組んでいます。
県内他施設から依頼された不規則抗体や亜型検査など判定の難しい輸血検査を技術協力として有償で受託しています。
輸血は「細胞治療」の一部という観点から、造血幹細胞移植細胞など細胞療法の際の検査や使用する細胞の採取・保存の支援も行っています。

業務内容

  • 輸血検査:まれな血液型や不規則抗体の患者様に「血液型カード」を発行し説明
  • 止血管理:緊急・大量出血時に備えてクリオプレシピテートを作製
  • 自己血貯血
  • 各種血液製剤の作製・洗浄
  • 感染症検査
  • アフェレーシス・骨髄濃縮
  • HLA検査 リンパ球クロスマッチ:臓器移植における適合性、血小板輸血、各種疾患診断の補助として実施
  • CD34陽性造血前駆・幹細胞の測定

受診される方へ

輸血後感染症検査の通知
輸血を受けた患者様に、輸血により感染症に罹患していないかどうかの検査を受けて頂くよう通知を送っております。通知が届きましたら、その用紙を主治医 の先生にお渡し下さい。
血液型カード
まれな血液型や不規則抗体をお持ちの患者様に、「血液型カード」を発行し、輸血検査技師が説明しております。万が一に備え、常に携帯して下さい。