診療科・部門

小児トータルケアセンター

独自HPへ

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

地域で生活する医療的ケア及び緩和ケアを必要とする子どもと家族の、安全・安楽な生活を保障し、生活の質(QOL)の向上を目指した在宅医療を提供するとともに、地域連携の充実を図ります。

業務内容

  1. 在宅医療を必要とする子どもと家族に対する訪問診療・訪問看護活動
  2. 地域機関との連携、情報交換による小児在宅医療支援システムの構築
  3. 県内の小児在宅を対象とする研修会の企画実施
  4. 県内の小児医療を支える診療所・訪問看護ステーションの拡大
  5. 各関連機関を対象とする教育・相談活動

小児トータルケアセンターにおけるスタッフの役割分担

  • 医師:小児(緩和含む)医療ケア計画・指導、訪問診療、地域連携支援等。
  • 看護師:訪問看護計画・指導及び教育支援、小児在宅に関わる看護師の人材育成等。
  • MSW:退院のためのコーディネート、レスパイト先の確保調整、転院などの手続き、医療費等制度上の説明、相談窓口、地域診療所・訪問看護ステーションとの連携窓口等。
  • 事務担当者:県内在宅医療ケア児の情報処理、教育的講義・講演会事業用の資料整理・会場確保・情報発信などの各種事務処理等。
  • チャイルド・ライフ・スペシャリスト: 医療ケアを要する子どもと家族が抱える精神的負担を軽減し、主体的に医療に臨めるよう支援する。