診療科・部門

薬剤部

独自HPへ

部門イメージ
  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

年々高度化・多様化する薬物療法を安全かつ効率的に実施するには、薬剤師が多職種医療チームに参加し、薬のプロフェッショナルとして専門性を発揮することが効果的です。
薬剤部は、大学病院の一組織として薬剤師を院内各所に配置し、病棟や外来化学療法部、救命救急センター、手術部、医療安全・感染管理部、臨床研究開発センターなどと連携することで、高度医療の安全性と効率性確保に寄与しています。

業務内容

  • 医薬品の購入および在庫管理・供給管理・使用管理
  • 処方せんに基づく調剤と交付
  • レジメンに基づいた抗がん剤の調製、高カロリー輸液(TPN)の無菌調製
  • 高度先進医療などに用いられる院内特殊製剤の調製
  • 医薬品等に関する情報収集・分析・発信
  • 薬物の血中濃度測定に基づく投与設計
  • 入院患者の持参薬確認
  • 入院患者への服薬説明と薬物治療の安全管理
  • 医薬品を効率的かつ安全に使用するための医療薬学研究
  • 薬剤師養成教育、及び医学生・他医療スタッフ等に対する教育

受診される方へ

入院時に薬剤師が病棟へ伺って、患者さんの持参薬を確認しています。入院当日には、現在使用しているお薬(病院で処方されたお薬、薬局で購入されたお薬)、サプリメントや健康食品をお持ちください。
また、「お薬手帳」や「お薬説明書」などをお持ちの場合は、お薬と一緒にお持ちください。お薬に関するご心配や質問がありましたら薬剤師にご相談ください。