診療科・部門

高度生殖医療センター

独自HPへ

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

2015年4月より高度生殖医療センターを開設しました。挙児を希望される方に必要な検査、治療を行っていきます。一般不妊治療を始め、難治不妊症の方に体外受精、顕微授精などの高度生殖医療技術による治療も提供しています。
合併症をお持ちの方、治療によって生殖機能が障害されうる方などを対象として周産期部門や婦人科部門、また他科とも綿密に連携を取り合いながら診療を進めていけることが特徴です。
不育症の精査や治療も積極的に行っています。男性側の不妊因子が考えられた場合にも、泌尿器科と共に診察に取り組んでいます。
さらに今後、遺伝子診断や再生医学など先進的な生殖医療技術を開発し、臨床に応用していきたいと考えています。

⇒外来担当医表

 

主な診療内容

  • 一般不妊検査
  • 一般不妊治療(タイミング療法、人工授精(IUI))
  • 生殖補助技術(体外受精、顕微授精、胚移植、胚凍結保存)
  • 不育症検査、治療
  • 妊孕性温存治療(卵子凍結、受精胚凍結、精子凍結、卵巣凍結)

受診される方へ

近年がん生殖医療に対する需要が高まっており、三重県内のがん拠点病院と連携をはかりながらスムーズに妊孕性温存療法を進めていけるようにネットワークを構築しています。2017年秋からは、卵巣凍結も開始しています。妊孕性温存療法中の患者様には、専門の心理士や看護師を含めた医療チームが治療のサポートをいたします。