診療科・部門

中央放射線部

独自HPへ

部門イメージ
  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

中央放射線部は一般診断、血管撮影、RI、放射線治療の4つの部門からなり、CT・MRIなどの各種画像診断、血管内治療、放射線治療および画像情報管理を行っております。
最新技術をいち早く取り入れ、病院各診療科に対する質の高い診療情報の提供や高度な治療に対応出来るように努め、患者様に優しく、安心できる検査・治療をめざして業務を行っております。

業務内容

一般X線撮影
放射線の一種であるX線を照射して写真を撮る検査
乳房X線撮影
乳癌の早期発見のために人の乳房をX線で撮影する検査
CT検査
X線を用いて体内の状態を断面像として描写する検査
MRI検査
強い磁石と電波を用いて体内の状態を断面像として描写する検査。X線は使用しないので、放射線被ばくはありません。検査目的に応じて、様々なコントラストの画像を撮像することが可能
血管撮影
カテーテルを用いて造影剤を注入し、血管や臓器を撮影したり、血管を広げる・人工血管を挿入する・動脈瘤や腫瘍を塞栓させるなどの血管内治療を行う検査
X線TV透視検査
胃や腸などの体内を透視してTVで観察しながら撮影をする検査
骨塩定量検査
身体の骨塩量(骨の強度、ミネラル)をX線を用いて測定する検査
RI検査
核医学検査とも呼ばれ、微量の放射性物質(RI)を含む医薬品を投与して臓器の働きや腫瘍の有無などを調べる検査
放射線治療
がん治療の方法の一つで、放射線を用いて切らずに直すことができる治療

受診される方へ

中央放射線部では、各検査や治療ごとに詳細な内容が記載された独自のホームページを公開しております。下記のアドレスよりご覧下さい。
http://www.hosp.mie-u.ac.jp/x-ray/