診療科・部門

産科婦人科

独自HPへ

main_dummy

治療方針

総合的に産婦人科全般にわたる診療を行っています。専門領域の外来を設け、外来での待ち時間を少なくするため予約制をとっています。現在、診療におきましては、主に周産期グループと婦人科腫瘍グループ、生殖医療グループの3つのグループに分かれて行っています。

 

周産期

超音波検査を十分に活用し、胎児発育異常や形態異常の診断だけでなく、胎児循環動態の評価も行うことにより、ハイリスク妊娠を厳重に管理しています。特に糖代謝異常妊婦の管理に力を入れています。新生児集中治療施設(NICU)を併設する周産母子センターがあり、小児科・小児循環器科・小児外科との連携を図って、診療を行っています。また産科オープンシステムとして中勢地域の地域周産期母子医療センター「国立大学法人三重大学医学部附属病院」をオープン病院とし、中勢地域の18箇所程度の産科診療所(津市10箇所・名張市3箇所、鈴鹿市3箇所・伊賀市2箇所)の他三重県下全域を対象とした参加登録施設を集い、地方における産科施設の集約化と機能分担を図れるシステムの確立を目指しています。
独自ホームページは こちら です。

主な診療内容

 

腫 瘍

子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌を中心に診断から治療を一貫して行っています。婦人科悪性腫瘍に対しては、放射線科・病理部・外科の協力を得て、集学的治療(手術・化学療法・放射線療法)を行っています。当科では、インフォームド・コンセントの精神にのっとり、治療を受けられるすべての悪性腫瘍患者さんについて、患者さん本人に癌告知を行っております。癌の治療・予後についてできるだけ多くの情報を患者さんおよび家族の方に提供し、納得して頂いたうえで、治療方法を決めております。
独自ホームページは こちら です。

 

周産期精神科

外来にて女性特有の心のケア、特に妊娠、出産にかかわる心のケアを行っています。

 

高度生殖医療センター

2015年より高度生殖医療センターを開設しました。特に難治不妊症患者や、治療によって生殖機能が障害されうる若年の悪性腫瘍患者などを対象として、体外受精、顕微受精などの高度生殖医療技術による不妊治療を提供すると共に、遺伝子診断や再生医学などさらに先進的な生殖医療技術を開発し、臨床に応用していきたいと考えています。
独自ホームページは こちら です。