本文へスキップ

三重大学医学部附属病院 産科婦人科・薬剤部

妊婦さん、妊娠を考えている方へ「妊娠と薬外来」のご案内

「妊娠に気付かず薬を飲んでしまった。」、「持病があるからお薬はやめられない。」
など、妊娠中のお薬を服用することが赤ちゃんにどう影響するのか十分な情報がないために、妊娠の継続に悩んでいませんか?
また、「今飲んでる薬をやめられないけど、妊娠しても大丈夫かしら?」といった不安を抱えていませんか?
漠然と「大丈夫」といわれても、やっぱり不安なものですよね!
そういった時には、一度ご相談ください!

妊娠と薬外来とは?

「妊娠と薬外来」は、厚生労働省の「妊娠と薬情報センター」事業の協力病院として設置したもので、センターの情報をもとに妊娠と薬の専門の医師・薬剤師が相談に応じる外来です。国内外のに最新のデータ・資料から得た情報をもとに、専門的な立場から、お薬の妊娠への影響について情報提供させていただきます。三重県内では、三重大学病院「妊娠と薬外来」を実施させて頂いております。

妊娠と薬情報センターとは?

国立成育医療センターにて厚生労働省の事業として、2005年10月より、「妊婦・ 胎児に対する服薬の影響」に関する相談・情報収集を実施しています。相談に際しては、トロント大学(カナダ)と連携し、小児科病院で蓄積された データ他、既存の文献を基礎情報として活用し、科学的に検証された医薬品情報を妊婦や妊娠希望者に提供することで、妊婦・胎児への影響を未然に防ぐことに務めています。


予約の取り方

※外来の予約を取る前に「妊娠と薬情報センター」への申し込みが必要です。まず問診表をご準備ください。詳しくは「妊娠と薬情報センター」のホームページをご確認ください。

予約の流れ図
  1. @「妊娠と薬情報センター」のホームページより 問診表 をダウンロードして、必要事項を記入します。問診表の「7.相談方法のご希望」では、□妊娠と薬外来での相談希望を選択し、ご希望の協力病院欄に三重大学医学部附属病院とご記入ください。
  2. A必要書類を妊娠と薬情報センターへ郵送します。
    ・問診表
    ・返信用封筒(住所と氏名をご記入の上、82円切手をお貼りください)
    送付先 :〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2−10−1
    国立成育医療研究センター内 妊娠と薬情報センター
  3. B妊娠と薬情報センターより「相談方法のお知らせ」が届きます。
  4. C「相談方法のお知らせ」をもとに、三重大学医学部附属病院「妊娠と薬外来」の予約をお取りください。059−232−1111へ電話し、予約センターへ繋いでもらった後、「妊娠と薬外来」で予約をお取りください。
  5. D外来予約日に1階の総合案内へお越しください。

外来日及び費用

  • 外来日 : 毎週月曜日
  • 時間 : 13時〜16時(完全予約制)
  • 費用 : 5400円(30分:自費診療、税込み)

担当者

妊娠と薬情報センターが開催する研修を受けた医師及び薬剤師が、相談外来を 担当します。また当院の薬剤師には、妊婦・授乳婦に対する高度な知識と十分な相談経験を持つ妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師もおり、より専門的な相談にも対応致します。

問い合わせ先

三重大学医学部附属病院 
産科婦人科 「妊娠と薬外来」
059−232−1111(代表)


妊娠と薬外来:問い合わせ先

〒514-8507
三重県津市江戸橋2-174
TEL 059-232-1111(代表)