病名・医師名
フリーワード検索

診療案内

治療方針

ゲノム診療科では、遺伝医療を提供しています。遺伝情報を活用して病気の原因を調べ、治療に役立てています。遺伝や遺伝子診断について不安や疑問を持たれる方には、患者様やご家族のお話しを伺い、問題を共有し、正確な情報をわかりやすく説明するための遺伝カウンセリングを実施しています。
遺伝情報と遺伝子解析技術は常に最新のものに更新し、最新の遺伝医療が提供できるよう務めています。
また、がん患者さんのがん関連遺伝子の変化を網羅的に解析する、がんゲノムプロファイル検査も実施しています。

主な診療内容

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングは、遺伝学や遺伝医療に詳しい専門医(臨床遺伝専門医)やスタッフが患者様あるいはご親族の遺伝に関するいろいろな悩みや疑問について、相談させていただく外来です。

遺伝学的検査

十分なカウンセリングの後、必要であれば、各種遺伝性疾患の検査(遺伝する病気の診断)を行います。

遺伝子の変化に基づくがんの個別化治療

がんは遺伝子の変化による病気だとわかってきました。近年の急速な診断技術の発展により、個々の患者様についてがん細胞の遺伝子の変化を解析することが可能になっています。具体的には、次世代シークエンサーという新しい遺伝子解解析技術を活用し、がん細胞に生じている遺伝子の変化を調べ、治療に役立てようとするものです。がん細胞の遺伝子の変化を把握することは、それぞれの患者さんに対する個別化医療を実施する上で重要と考えられています。当院の腫瘍内科と連携して、遺伝子情報に基づくがん個別化医療を提供しています。

受診される方へ

  • 遺伝カウンセリングは完全予約制です。電話で予約をお願いします。なお、電話での遺伝カウンセリングは行っておりません。
  • 遺伝カウンセリングは原則、自由診療ですので、他の診療科と同じ日には受診できません。
  • 遺伝でお悩みの方は、お気軽に受診ください。

遺伝カウンセリング (自由診療)

受付電話番号 059-232-1111(代表)
実施日 毎週火曜 午前・午後
第1,3,5水曜 午前・午後
料金

初回 : 8,370円(約1時間)
2回目以降 : 4,650円

得意とする分野

  • 遺伝性腫瘍(消化器、内分泌、泌尿器、乳がん卵巣がんなど)
  • 神経変性疾患(脊髄小脳変性症など)
  • 筋変性疾患(筋ジストロフィーなど)
  • 染色体異常(ダウン症など)
  • がんゲノムプロファイル(各種がん)

高度先進・特殊医療

がん遺伝子パネル検査

ミライ検査 : Mie University Hospital Laboratory Cancer Test Initiative (MiLaI)

当院では、がんゲノムプロファイル検査として、がんの患者様のがん関連遺伝子変の変化を網羅的に解析する「ミライ検査」を実施しています。
ミライで実施する網羅的がん遺伝子検査は、2種類です。いずれも保険適応のない自由診療となります。

遺伝性腫瘍の網羅的がん遺伝子検査(ミライ-G)
対象 遺伝性腫瘍が疑われる方、遺伝性腫瘍を心配される方
遺伝子数 409 遺伝子(遺伝性腫瘍における胚細胞遺伝子の変化を検出)
検査費用 550,000円(税込)
腫瘍の網羅的がん遺伝子検査(ミライ-S)
対象 以下の①〜③の腫瘍で治癒切除不能または再発病変を有する方
①標準治療がない希少がん
②原発不明がん
③標準治療が終了している固形がん
遺伝子数 50 遺伝子(一般的な腫瘍における体細胞遺伝子の変化の検出)
検査費用

38,500円(病理標本品質検査料) + 401,500円(本検査) (税込)

病理標本品質検査とは、病理検体(パラフィンブロック)から抽出されたDNAの断片化の程度が、本検査で必要とされる許容内であるかを調べる検査です。

  • 病理検体を用いたがんゲノムプロファイル検査として、上記ミライ-S以外に、プレシジョン検査(PleSSision検査)、およびオンコプライム検査(OncoPrime検査)が実施可能です。
  • 病理検体を用いず採血のみで行う検査(リキッドバイオプシー)であるガーダント360(Guardant360)も実施可能です。
  • 現在、いずれも自由診療となります。

実際の申込方法

  • いずれの場合も、主治医とご相談の上、遺伝カウンセリングを受診して頂き、それにより、検査を受ける受けないを決めていただきます。
  • 遺伝カウンセリングの予約は電話にて「遺伝カウンセリングを受診したい」とお伝えください。

    受付電話番号:059-232-1111(代表)

    カウンセリング実施日:毎週火曜 午前・午後 / 第1,3,5水曜 午前・午後

    カウンセリング料金:初回 8,370円(約1時間) / 2回目以降 4,650円

  • ミライ-S検査では、病理検体を必要としますので、事前にご一報ください。
  • 結果は、4〜5週間後、遺伝カウンセリングにてご報告します。

特徴的な検査・医療設備

機器

  • Applied BiosystemsTM 3500  ジェネティックアナライザ(サンガー法シークエンサー)
  • Ion PGM™システム(次世代シークエンサー)
  • Ion GeneStudio S5(次世代シークエンサー)
  • QuantStudio 3D Digital PCR System(デジタルPCR)

当院で行っている各種遺伝性疾患および家族性腫瘍、がんゲノムに関する遺伝子検査

1.サンガー法シークエンス
遺伝性腫瘍:リンチ症候群、家族性大腸ポリポーシス、多発性内分泌腫瘍症、リ・フラウメニ症候群、遺伝性乳がん・卵巣がん、網膜芽細胞腫、基底細胞母斑症候群、遺伝性びまん性胃がん、フォンヒッペル・リンドウ病
神経・筋疾患:球脊髄性筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、強直性筋ジストロフィー、ハンチントン病、脊髄小脳変性症、骨格筋チャネル病
先天性代謝異常:ミトコンドリア異常症、副腎皮質ジストロフィー
血液疾患:地中海熱、先天性プロテインS欠乏症、先天性プロテインC欠乏症、先天性アンチトロンビン欠乏症、先天性血液凝固因子異常(フィブリノゲン、第Ⅶ因子、第Ⅸ因子、第Ⅹ因子、第Ⅺ因子、第Ⅻ因子etc)
内分泌疾患:先天性腎性尿崩症
慢性心疾患:LMNA関連拡張型心筋症
皮膚疾患群:Birt-Hogg-Dube症候群
その他先天性疾患:原発性繊毛運動不全症、Holt-Oram症候群
2.次世代シークエンス
ミライ-S検査(網羅的がん遺伝子検査:体細胞遺伝子検査)
ミライ-G検査(網羅的がん遺伝子検査:遺伝学的検査)
遺伝性乳がん・卵巣がんパネル検査(BRCA遺伝子を除く)
遺伝性大腸がんパネル検査(リンチ症候群、家族性大腸ポリポーシス)

スタッフ紹介

顔写真 教授(科長)
中谷中
専門分野
臨床遺伝専門医・指導医、臨床検査専門医
顔写真 耳鼻科 科長・教授
竹内万彦
専門分野
めまい、中耳手術、人工内耳、原発性線毛運動不全症、臨床遺伝専門医、耳鼻咽喉科専門医
顔写真 助教(修復再生病理学)・ゲノム診療科外来医長
橋詰令太郎
専門分野
診断病理学、臨床遺伝子(ゲノム)診療、病理専門医、細胞診専門医、臨床検査専門医、外科認定登録医、再生医療認定医、臨床研修指導医
顔写真 病理診断科 副科長・講師
今井裕
専門分野
外科病理全般、悪性リンパ腫、病理専門医・病理専門医研修指導医、細胞診専門医・教育研修指導医、臨床検査専門医、臨床研修指導医
顔写真 医学・看護学教育センター 講師
望木郁代
専門分野
認定遺伝カウンセラー、家族性腫瘍カウンセラー、がんゲノム医療コーディネーター、公認心理師、臨床心理士
顔写真 外来化学療法部部長・腫瘍内科 副科長・講師
水野聡朗
専門分野
がんの薬物療法・日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
顔写真 脳神経内科 講師
谷口彰
専門分野
臨床遺伝専門医、神経内科専門医
頭痛、めまい、てんかんなどをもつ方と、一緒に何ができるかを考えていきたいと思います。
顔写真 消化管外科 学内講師
奥川喜永
専門分野
化学療法、遺伝疾患、日本外科学会 外科専門医、日本消化器外科学会、消化器外科専門医、下部消化管悪性疾患、遺伝性腫瘍専門医、日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
顔写真 腫瘍内科 助教
齋藤佳菜子
専門分野
がんの薬物療法・日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医、日本乳癌学会認定乳腺認定医
顔写真 がんセンター 助教
石原幹也
専門分野
腫瘍内科学、がん免疫療法、日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
顔写真 腫瘍内科 助教
小田裕靖
専門分野
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
顔写真 腫瘍内科 助教
戸野泰孝
専門分野
がんの薬物療法・日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
顔写真 腫瘍内科 医員
角田瑛
専門分野
がん薬物療法
顔写真 看護師長
堀口美穂
専門分野
がんゲノム医療コーディネーター、がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師
顔写真 臨床検査技師
池尻誠
専門分野
遺伝子分析科学認定士(初級)
顔写真 臨床検査技師
中村麻姫
専門分野
遺伝子分析科学認定士(初級)