診療科・部門

緩和ケアセンター

独自HPへ

写真
  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

緩和ケアは、がんなどの生命をおびやかす病気にかかったときに生じる痛みなどの身体症状、不安などの心のつらさ、経済的問題、家族への思いなど様々な苦痛を、多職種・多業種によるチーム医療やサポートを行って和らげるケアのことです。医師、看護師、薬剤師のほか、臨床心理士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、作業療法士、鍼灸師などの専門職が対応します。
三重大学医学部附属病院緩和ケアセンターは2014年4月1日に開設され、緩和ケアチームや緩和ケア外来を有機的に統合し、院内での専門的緩和ケアの継続的な提供を行っています。また、院内外の関連部署や地域医療機関と連携し、地域での継続的な緩和ケアの提供を目指して活動しています。

業務内容

  1. 大学病院入院中の患者および家族への緩和ケア診療
  2. 大学病院外来での患者および家族への緩和ケア診療
  3. 緩和ケアチームラウンドによる院内医療者への緩和ケアコンサルテーション
  4. 地域医療機関への緩和ケアコンサルテーション
  5. 地域の緩和ケアネットワーク構築
  6. 医療者を対象とした緩和ケアに関する研修・セミナーの開催
  7. 市民、住民への緩和ケア啓発活動

受診される方へ

大学病院の緩和ケア外来は完全予約制です。
受診希望の方は、主治医・担当医にまずお問い合わせください。

地域の医療スタッフ対象の「緩和ケア相談窓口」を開設しております。