診療科・部門

腫瘍内科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

がんに対する治療には、外科治療、薬物療法、放射線治療、内視鏡的治療などがあります。
腫瘍内科では、化学療法を含むがん薬物療法を専門的に行います。
当科では、がん薬物療法専門医を含むスタッフが診療に従事しています。
いずれのがん種においても、他の診療科と緊密に連携して、病気の状態に応じて手術・薬物療法・放射線療法を含む集学的治療を実施しています。

主な診療内容

固形腫瘍(血液悪性疾患を除く)の薬物療法
・乳がん
・消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん)
・原発不明がん
・稀な悪性腫瘍(軟部腫瘍、神経内分泌癌、胚細胞腫瘍など)
・標準治療が困難な方の治療(同時に二つの腫瘍のある方、合併症のある方など)

得意とする分野

乳がんの薬物療法
乳腺外科、放射線治療科と連携をとりながら、乳房温存などを目的とした術前化学療法、再発予防を目的とした手術後の薬物療法、転移再発乳がんに対する薬物療法全般を行っています。
消化器がんの薬物療法
切除不能な進行例に対して化学療法を実施しています。また食道がんでは、消化器内科・外科、放射線治療科との連携により化学放射線治療も実施しています。
原発不明がんなどの稀な疾患の治療
原発不明がんなどの稀な疾患の治療について実践しています。
標準治療の実施が困難な方の治療
標準治療の実施が困難な方の治療(腎機能や心機能が低下している方、重症の糖尿病の合併がある方など)について、各診療科と連携をとりながら個別に対応していきます。
副作用対策
化学療法には、吐気、脱毛、感染症など副作用がしばしば伴います。こうした症状を少しでも軽減できるよう副作用対策(支持療法)にも力をいています。