診療科・部門

小児科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

当小児科の目標は(1)優秀な小児科医の育成と小児医学研究の推進、(2)小児科専門分野の充実と小児医療施設の特色作り、(3)地域の特性に応じた小児医療提供体制の整備・充実の3つであります。
また、医学教育の充実、先進的医療の実施、地域医療への貢献はもちろんですが、「21世紀を子どもの世紀に」、「三重から世界へ、世界から三重へ」をキーワードにして、優れた小児科医を育成し、安全で高度な小児医療を提供するとともに、国際的に認められる医学研究の成果を発信していくことを目指しています。

診療内容

三重大学小児科では多岐にわたる小児科疾患のうち、主に血液疾患(白血病、再生不良性貧血、免疫不全など)、悪性疾患(神経芽腫、ウイルムス腫瘍、骨肉腫、横紋筋肉腫、脳腫瘍など)、循環器疾患(先天性心疾患、川崎病冠動脈障害、肺高血圧など)、新生児疾患(低出生体重児、合併奇形を伴う重症新生児など)およびその他の重症疾患を扱っています。
また、当小児科では国立病院機構三重病院(感染症、アレルギー、腎疾患、神経疾患、他慢性疾患)および三重中央医療センター(周産母子センターNICU)と連携し、三重子ども病院群を形成し、それぞれの病院が専門分野を分担することで高度な医療サービスを提供しています。

得意とする分野

  • 最先端の小児血液腫瘍疾患の診断および治療
  • 難治性固形腫瘍(脳腫瘍、骨肉腫等)に対する他科連携による集学的治療
  • 免疫学的小児白血病診断(JPLSG中央免疫診断センター)
  • 難治性小児がんに対する同種造血細胞移植療法
  • 肺高血圧の薬物療法、吸入療法(低酸素療法、一酸化窒素吸入療法を含む)
  • 先天性心疾患に対するカテーテル治療(心房中隔欠損のカテーテル閉鎖を含む)
  • 川崎病後冠動脈障害の侵襲的・非侵襲的画像評価(血管内エコー検査を含む)
  • 心臓性院外心停止の集学的治療(低体温療法を含む)