診療科・部門

脳神経内科

独自HPへ

神経内科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

神経疾患は治らない、という誤解が未だに世間一般にあるようですが、実際には脳血管障害をはじめ治療可能な神経疾患が多くを占めています。また、パーキンソン病などの神経難病や多発性硬化症などの免疫性神経疾患についても、患者さんの予後をできる限り改善するためのあらゆる方策を準備しています。
「患者さんに優しい医療」が私ども診療科のモットーです。

主な診療内容

脳血管障害
脳卒中 (脳梗塞、脳出血など) や一過性脳虚血発作のベストメディカルトリートメント、つまり最善の内科的治療を行い予後の改善を目指します。
神経変性疾患
パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などが代表ですが、そのほか多くの鑑別を要する神経疾患があります。適切な鑑別診断を行って最も良い治療を選択します。
認知症
アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症が代表です。この他に正常圧水頭症などの所謂「治療可能な認知症」を見逃さないことを心掛けています。
免疫性神経疾患
重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群など。
中枢神経系の感染症
脳炎、髄膜炎など。

得意とする分野

  • 神経伝導検査・筋電図:まひやしびれの原因がどこにあるかを弱い電気を使って調べます。
  • 認知症:認知症を早く見つけるために、種々の物忘れの検査を行い、原因に応じた治療法を提供します。当院が中心となる認知症ネットワークを活用し、県内の認知症専門施設やかかりつけ医と連携して、患者さんにとって通院または入院が便利な施設を探します。
  • 不随意運動:眼瞼・顔面けいれんなどの患者さんに、ボツリヌス毒素を薄めた液を注射し、けいれんを抑えます。効果はおよそ3か月間持続します。
  • 確立された治療法がない神経難病の臨床治験にも積極的に取り組んでいます。脳神経内科外来までお問い合わせください。

受診される方へ

  • 脳神経内科では十分な問診と診察を行い、その後に必要な検査を行います。初診ではおひとりの診察に時間がかかるため、待ち時間が長くなる場合がございますが、悪しからずご了承下ください。
  • 教授外来 (木曜日) は冨本宛の紹介状をお持ちの方に限らせていただきます。