診療科・部門

歯科・口腔外科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

当科は歯科・口腔外科の高次医療機関として、下記の通り口腔外科疾患全般を対象に、三重県下の地域医療機関と連携して治療を行っております。

主な診療内容

  • 埋伏歯、智歯周囲炎(親知らずの炎症)
  • 顎骨炎、顎骨骨髄炎、薬剤関連顎骨壊死、歯性上顎洞炎など
  • 顎顔面外傷(歯の外傷、顎骨骨折など)
  • 顎・口腔腫瘍:良性腫瘍、悪性腫瘍(舌がん、歯肉がんなど)
  • 先天異常・顎変形症(下顎前突症、上顎前突症等)
  • 嚢胞(歯根嚢胞、含歯性嚢胞、術後性上顎嚢胞、粘液嚢胞など)
  • 口腔粘膜疾患(口内炎、口腔扁平苔癬、口腔白板症など)
  • その他:顎関節症、唾液腺疾患、インプラント治療、顎骨再建、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の口腔内装具作成、周術期口腔ケア(当院で、手術、化学療法、放射線治療、緩和ケア等を受けられる方の口腔ケア)

受診される方へ

口腔・顎顔面領域に生じる疾患は、感染症、腫瘍、嚢胞、外傷、先天異常、神経疾患のほか、顎関節疾患、唾液腺疾患など多岐にわたります。
当診療科は、これらの疾患を対象として、その治療や予防を行っています。当科は県内の口腔外科の拠点であり、以下の3つを診療の柱に据えています。
第一に、治療成績が安定し国内で広く受け入れられている標準治療の提供を心がけています。
第二に、高次医療機関として顎顔面骨折や口腔がんなどにおいて先進的な医療を手がけています。
第三に、県内各所の関連病院と連携し横のつながりを密にしています。
このようにして、地域のニーズに応えられるよう努めています。