診療科・部門

肝胆膵・移植外科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

当科は肝臓、胆道、胆嚢、膵臓、脾臓といった臓器の良性疾患、悪性疾患、先天性異常に対する治療を行っています。悪性腫瘍に対しては、化学療法や放射線治療などの集学的治療により患者さんの病態に応じた治療を選択しています。また疾患によって、腹腔鏡を用いた縮小手術や標準手術はもちろんですが、生体・脳死肝移植を含めた大掛かりな手術を行うこともあります。

主な診療内容

肝 臓
肝細胞癌、肝内胆管癌、巨大肝嚢胞、肝硬変(原発性、ウイルス性、アルコール性)が主であり、それらに対する手術治療が中心ですが、特に三重県内で唯一の脳死・生体肝移植実施機関です。
胆道・胆嚢
肝門部胆管癌、胆管癌、胆嚢癌が主であり、手術治療以外に胆管癌に対する放射線と抗癌剤を組み合わせた治療を行っています。
膵 臓
膵臓癌、膵管内乳頭粘液産生腫瘍(IPMN)、膵内分泌腫瘍(インスリノーマ、グルカゴノーマなど)、膵良性腫瘍、慢性膵炎が主です。膵臓癌に対しては症例により放射線と抗癌剤を組み合わせた術前治療後に手術を行っています。
脾 臓
特発性脾機能亢進症、特発性血小板減少性紫斑病、肝硬変に続発する脾機能亢進症などに対する脾臓摘出術を行っています。

得意とする分野

  • 肝臓癌
    消化器肝臓内科・IVR科と連携し、腹腔鏡・開腹手術を含めた集学的治療を行っています。
  • 肝門部胆管癌・胆嚢癌
    術前化学療法を行い、癌の根治性を高めた後に手術を行います。肝臓の切除範囲が大きい場合には、手術の安全性を高めるために、切除側の門脈を詰める門脈塞栓術を行うことがあります。
  • 膵臓癌
    門脈などの血管に浸潤した膵癌に対しては、術前化学放射線治療を行った後に、門脈合併膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術、膵全摘術などを行い、全国屈指の成績を挙げています。
  • 肝硬変・劇症肝炎
    三重県内唯一の生体肝移植施行施設であり、東海地区では2つしかない脳死肝移植施行施設です。小児・成人を問わず、末期肝不全患者の治療に従事しています。

受診される方へ

種々の疾患に対応するため、消化器・肝臓内科、画像診断科、放射線治療科、腫瘍内科などと密に連絡を取り合い、また術後の通院が負担にならないよう三重県下の総合病院(桑名、四日市、名張、伊賀、鈴鹿、亀山、津、久居、松阪、伊勢、志摩、尾鷲、熊野)と連携を取り合っております。
セカンドオピニオンでの相談予約も受け付けておりますので、ご自分の病気やその治療でお悩みの方は、主治医と相談の上、ご遠慮なく当院の医療福祉支援センターにご連絡ください。

また、初診の患者さんは、2016年2月1日以降は必ず「他の医療機関からの紹介状」が必要になります。