診療科・部門

眼 科

独自HPへ

診療科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

眼科では、あらゆる眼科疾患全般に対して治療を行っています。
緑内障ではまず薬物治療を行い、眼圧が十分下がらない症例には手術治療を行います。糖尿病網膜症ではレーザー治療や薬物治療を行い、難治な症例に硝子体手術を行います。加齢黄斑変性に対しては最新の抗新生血管療法とレーザー治療を主体に治療を行っています。角膜疾患に対しては薬物治療に加え、角膜移植も行っています。緊急手術や小児・斜視弱視にも対応します。

主な診療内容

網膜硝子体疾患
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑前膜)に対して必要な最新の手術治療を行っています。また、加齢黄斑変性や網膜虚血性疾患に対しては新しい抗血管新生療法を行っています。
角膜・涙道疾患
角膜移植による手術治療、内視鏡を使用した涙道治療を行います。
緑内障
薬物による眼圧コントロールを行うと共に、手術の必要な場合には手術による加療を行っています。
小児眼科
適切な屈折矯正と弱視訓練を行い、斜視には手術治療を行っています。
白内障
最新の方法による白内障手術を行っています。

得意とする分野

  • 網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑前膜などに対する手術)
  • 加齢黄斑変性(抗血管新生療法、光線力学的療法などを行います)
  • 網膜変性疾患(網膜色素変性、黄斑ジストロフィなどの診断とリハビリテーション)
  • 角膜疾患(角膜外傷、角膜ジストロフィ、角膜混濁に対する最新の角膜移植を行います)
  • 涙道疾患(耳涙管閉塞に対する内視鏡手術も行っています)
  • 緑内障(最新の点眼治療に加え、難治な緑内障には手術治療を行っています)
  • 白内障(2mm程度の小さな切開層による超音波白内障手術を主体に行っています)
  • 斜視・弱視(適切な屈折矯正と弱視訓練を行っています。斜視手術も行っています)
  • 小児眼科(先天白内障、先天緑内障、未熟児網膜症など全ての小児の眼疾患に対応します)
  • ぶどう膜疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病などに対する薬物療法)

受診される方へ

専門外来への受診をご希望の患者様は、事前に受診希望の専門外来の曜日をご確認ください。