診療科・部門

病理診断科

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

病理診断とは、体から採取した組織などの検体を、主に肉眼的、顕微鏡的に観察して行われる診断です。肉眼や顕微鏡による観察以外にも、遺伝子検査等を用いて、より正確な診断を提供しています。病理診断は手術や薬物治療など、治療方針の決定に非常に重要な役割を果たしています。
病理診断科では各診療科との協力のもと、最適な治療につながる適切な診断を目指し、修復再生病理学講座、腫瘍病理学講座が協力し、日々診療を行っています。

主な診療内容

病理組織診断
体から採取された組織(生検、手術材料)の診断。良悪性の診断や、病名の決定、病気の進行の程度、手術の根治度などの確定診断を行っています。
細胞診断
組織診断と比べ比較的侵襲の少ない方法で採取された細胞の、良悪性の判定や、病気のスクリーニング(検診を含む)を行っています。
術中迅速病理診断・細胞診
手術中に短時間で凍結標本を作製し、病変の組織診断、転移の有無、手術の根治度の評価など、術式の決定に重要な役割を果たしています。
免疫組織化学染色・遺伝子異常検索(in situ hybridization法、PCR法など)
免疫染色を用いた病理組織診断や、疾患に特異的な遺伝子の異常を検索することにより、正確な診断、適切な治療薬の選択などに寄与しています。
臨床診療科との連携
診断困難例や、手術症例について術前、術後に臨床診療科とのディスカッション、カンファレンスを行うことにより、より正確な診断、治療方針の決定を行っています。
病理解剖
不幸にして亡くなられた方のご遺体を解剖し、死因究明や、治療の効果・妥当性などについて検討を行い、医学の発展に寄与しています。

得意とする分野

  • 外科病理全般:特に以下の疾患領域の診断を得意としています。
  • 血液腫瘍(悪性リンパ腫)
  • 乳腺病理
  • 婦人科病理
  • 泌尿器病理
  • 肝・胆・膵腫瘍病理
  • デジタルパソロジー