診療科・部門

乳腺外科

独自HPへ

診療科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

乳癌は日本人女性にとって、最も罹患率の高い癌であり死亡率も上昇しています。
当科では主に診断及び手術を担当する乳腺外科医、薬物療法を担当する腫瘍内科医、放射線治療を担当する放射線治療医が密接に連携をとり、個々の患者様について検討を行い、一貫した適切な治療が受けられるように努めています。

主な診療内容

当科は乳癌を中心に、乳腺に関連した様々な病気の診断と治療を行っています。 乳癌の手術は、近年、乳房温存手術を行うことが多くなり、診断においては、単に癌であることを診断するだけでなく、癌の広がりを正確に診断し、乳房温存手術が安全に行えるかを見極めることが重要になっています。
当科では、各種画像診断と生検を駆使して、より安全な乳房温存術を行うよう努めており、また、単に、病変部を取り切るだけではなく、残る乳房の形も、よりきれいな形で残るよう、整容性に配慮した様々な手術方法を検討の上、工夫しております。

得意とする分野

  • 早期癌(非浸潤性乳管癌など)の診断
  • ステレオガイド下及び超音波ガイド下マンモトーム生検
  • 整容性を保った手術手技
  • 組織拡張器による乳房再建
  • 腫瘍内科・放射線科・病理部と連携したチーム医療

受診される方へ

  • 当科へのご受診は他院・検診施設からの紹介状をご持参の方、または何らかの症状のある方とさせていただきます。他の医療機関からの紹介の方は予約をお取りすることもできます。
  • 紹介状の無い方の受診は可能ですが、紹介状のない方は、診療費の他に「選定療養費」として5,400円が自費負担となります。
  • 初診受付時間は8:30~10:00となっておりますが、初診診察枠に制限がありますので、当日診療できない場合は後日の予約を取っていただきます。
  • 小川教授の初診は完全予約制になります。ご予約の上、ご来院頂きますようお願い致します。
  • 当科ホームページもご用意しておりますので参照してください。