診療科・部門

呼吸器内科

呼吸器内科イメージ
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

呼吸器領域の疾患に対して最新でかつ最善の治療を提供します。疾患の最適な治療を行うにあたり、十分な情報提供を行いながら治療方法を選択する意味や予測される結果などを説明し、相談しながら治療にあたります。三重県だけでなく東海地方を代表する呼吸器疾患治療センターとしての役割を果たしながら、三重県の呼吸器診療のさらなる向上にも寄与していく責務を負っていると考えています。

主な診療内容

  1. 肺炎、非結核性抗酸菌症などの呼吸器感染症
  2. 肺癌などの呼吸器悪性疾患
  3. 慢性閉塞性肺疾患(CODP)などの閉塞性肺疾患と慢性呼吸不全
  4. 特発性肺線維症、過敏性肺臓炎などの間質性肺疾患
  5. 喘息などのアレルギー疾患

得意とする分野

  1. 肺癌診療においては呼吸器外科、放射線科、IVR科と常に協力しながら、患者様の病態に応じた治療法を選択し、外科治療、放射線治療、ラジオ波などと抗癌剤治療・分子標的治療薬の組み合わせた方法を一人一人変化させながら、いわゆるテイラーメイド治療をします。
  2. 喘息や慢性閉塞性肺疾患は治療開始が遅れると、症状が慢性化し治療によっても改善率が低下します。気道過敏性試験や運動負荷試験などの他施設では行われない検査を必要に応じて行い、最適の治療にて最高の効果が得られます。
  3. 間質性肺疾患は呼吸器内視鏡により気管支肺胞洗浄を行い病態を明らかにしながら適切な治療方法を選択します。