診療科・部門

皮膚科

独自HPへ

main_dummy

特徴

治療方針

アトピー性皮膚炎
アレルギーの原因を調べることで正しい診断をおこない、標準的な治療とスキンケアーの指導により総合的な治療をすすめます。重症患者さんの入院治療や、短期のスキンケアー教育入院も可能です。当科ではアトピー性皮膚炎の基礎研究も行っており、その成果を診療に役立てています。
乾 癬
ビタミンD3外用剤を基本とした外用療法と、シクロスポリン内服薬や増悪因子の除去療法などを組み合わせてすみやかに改善するように治療します。生物学的製剤の応用にも力を入れています。
薬剤アレルギー
薬疹の治療と同時に血液検査やパッチテストで原因薬を調べ、薬疹カードを作成しています。
膠原病
全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群など皮膚症状があらわれる膠原病の治療を行っています。膠原病は肺や肝臓、腎臓など内臓症状も伴う全身疾患ですが、当院では臓器別に専門医がその治療にあたります。
皮膚腫瘍
皮膚腫瘍が良性か悪性かを診断し手術療法や化学療法、放射線療法、免疫療法など最適な方法を患者さんとともに選んで治療します。そのために患者さんご本人には病名の告知をいたします。皮膚がんや皮膚リンパ腫の治療ができる県内唯一の施設です。
熱 傷
軽症から入院手術の必要な重症熱傷まで治療を行っています。