病名・医師名
フリーワード検索

診療案内

特徴

  • 三重県内の皮膚科診療所と密接な連携をとっており、多くの患者紹介を受けています。
  • 治りにくい皮膚病は全身疾患ととらえて原因を調べ、最適な治療を行っています。
  • 患者さんひとりひとりの症状や環境に合わせて治療を行っていきますので安心です。

治療方針

アトピー性皮膚炎
アレルギーの原因を調べることで正しい診断をおこない、標準的な治療とスキンケアーの指導により総合的な治療をすすめます。重症患者さんの入院治療や、短期のスキンケアー教育入院も可能です。当科ではアトピー性皮膚炎の基礎研究も行っており、その成果を診療に役立てています。
乾 癬
ビタミンD3外用剤を基本とした外用療法と、シクロスポリン内服薬や増悪因子の除去療法などを組み合わせてすみやかに改善するように治療します。生物学的製剤の応用にも力を入れています。
薬剤アレルギー
薬疹の治療と同時に血液検査やパッチテストで原因薬を調べ、薬疹カードを作成しています。
膠原病
全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群など皮膚症状があらわれる膠原病の診断、治療を行っています。
皮膚腫瘍
皮膚腫瘍が良性か悪性かを診断し手術療法や化学療法、放射線療法、免疫療法など最適な方法を患者さんとともに選んで治療します。そのために患者さんご本人には病名の告知をいたします。皮膚がんや皮膚リンパ腫の治療ができる県内唯一の施設です。
皮膚科領域でのセンチネルリンパ節生検を行っています。平成30年度から悪性黒色腫に加えてメルケル細胞がん、有棘細胞がん(2cm以上)も保険適応になりました。
熱 傷
軽症から入院手術の必要な重症熱傷まで治療を行っています。
脱毛症
主に円形脱毛症を中心に治療を行なっています。経過、重症度、既往症に応じて治療方針を患者さんと相談しながら決定しています。自費診療になりますが慢性期の円形脱毛症に対しては局所免疫療法(SADBE、DPCP)を行なっています。

特徴的な検査・医療設備

光線治療
皮膚リンパ腫や乾癬、掌蹠膿疱症、脱毛症、白斑症などに紫外線A波(UVA)や狭帯域B波(ナローバンドUVB)を照射する治療法で、全身用の照射装置(UVA)を設置しています。 薬剤と併用するPUVA療法も行います。
日帰り皮膚外科手術
イボやホクロなどの切除術を日帰りで行っています。
レーザー
当院には2台のレーザーがあり、保険適応疾患のみ照射を行なっています。色素レーザーは乳児血管腫(苺状血管腫)、毛細血管奇形(単純性血管腫、星芒状血管腫)、Qスイッチ付きルビーレーザーは太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑などに対して保険適応があります。早期照射が必要な場合は、保護者の同意があれば乳幼児から加療することができます。
  • 色素レーザー:ニーク社 MODEL DO101
  • Qスイッチルビーレーザー:ジェイメック社 The RUBY Z1

スタッフ紹介

顔写真 科長・教授
山中恵一
専門分野
皮膚科専門医、アレルギー専門医・指導医、がん治療認定医、がん治療暫定教育医、熱傷専門医、乾癬、アトピー、熱傷
顔写真 副科長・准教授
波部幸司
専門分野
皮膚科専門医、アレルギー専門医、がん治療認定医
顔写真 病棟医長・講師
欠田成人
専門分野
皮膚科専門医、がん治療認定医、アレルギー専門医、薬疹、皮膚アレルギー
顔写真 外来医長・助教
中井康雄
専門分野
皮膚悪性腫瘍
顔写真 助教
近藤誠
専門分野
皮膚科専門医、抗菌化学療法学会認定医、臨床微生物学会認定医、皮膚感染症、熱帯医学、膠原病
顔写真 助教
山本晋也
専門分野
皮膚疾患一般・脱毛
顔写真 助教
後藤啓元
専門分野
皮膚疾患一般
顔写真 助教
刑部全晃
専門分野
皮膚疾患一般・アレルギー

外来担当医表

2018.11.8 更新
初診 一般、難病
山中恵一
薬疹、皮膚アレルギー
欠田成人
(休診) 一般、膠原病、感染症
波部幸司
腫瘍、皮膚外科
中井康雄
完全予約制
再診
要予約
一般
馬岡 愛

一般、アレルギー
水谷健人

自己免疫、膠原病、アレルギー
波部幸司
一般、小児
中井智絵

一般
刑部全晃
中村文香
乾癬
明田智子
山中恵一

外来手術
生物学的製剤
光線療法
一般
岡田佳倫

一般、脱毛
山本晋也

薬疹、皮膚アレルギー
欠田成人

一般
松島由明
後藤啓元
近藤 誠

膠原病


レーザー
山本晋也

  • 初診:受付11時まで、紹介状必要
  • 再診:予約制・予約外は緊急のみ
  • 金曜初診のみ完全予約制
  • 専門外来制にご協力ください。

休診・代診のお知らせ

休診