当院について

職員の行動規範

三重大学医学部附属病院(以下附属病院)には基本理念が定められています。この基本理念は、病める人の治療はもとより人々の健康の維持と増進を図るもので、附属病院職員は、その責任の重大性を認識し、職業倫理に基づき行動しなければなりません。そのため、ここに職員の行動規範を定めるものです。

1. 患者さん本位の医療

  1. 最新の医学知識と医療技術を研鑽し、高度医療を提供します。
  2. わかりやすく開かれた医療を行います。
  3. 安全管理が徹底された医療を行います。
  4. 病む人の人格を尊重し、権利と尊厳を守ります。
  5. 病む人に優しい心で接し、医療内容をよく説明します。
  6. 医療行為の記録を残し、それを適正に管理します。

2. 地域と世界の医療への貢献

  1. 病診・病病連携が深まるように努めます。
  2. 保健行政と連絡を密にし、地域全体の疾病予防・対策に積極的に関与します。
  3. 地域社会への貢献を率先垂範します。
  4. グローバルな視点に立ち、医学・医療の国際交流に努めます。

3. 臨床研究と人材育成の推進

  1. 未来を拓く臨床研究を推進し、医学・医療の向上・進歩発展に尽くします。
  2. 適正な教育環境およびその指導体制を確立するように努めます。
  3. 医学生・看護学生・薬学生等に対する卒前教育に関心を抱き、充実に努めます。
  4. 前期および後期卒後臨床研修体制の整備に努力します。
  5. 卒後研修体制を整備し、良き看護師の育成に努めます。
  6. 研修体制を充実し、良き薬剤師の育成に努めます。
  7. 検査技師、放射線技師などの良き医療従事者の育成に努めます。
  8. 事務職員の専門性の向上に努めます。

4. 組織人としての倫理

  1. 教養を身につけ、人格を高め、職員としての矜恃を保ちます。
  2. 互いに尊敬し、協力し、働きがいのある職場環境を作ることに努めます。
  3. 必要な知識を習得し、医療業務や経営の改善に努力します。
  4. 職務関連の法令を遵守し、高い倫理観と責任感をもって勤務します。
  5. 絶えず将来計画を考え、改革向上に努めます。
  6. 個人情報や職業上知り得た情報の管理には厳正に臨みます。

5. 楽しく明るく挑戦する姿勢

  1. 社会、人類のため、積極的に貢献します。
  2. 変化する社会に順応・適応できる能力を身につけます。
  3. 個々の健全な経営感覚で組織運営に参画します。
  4. 自らの尊厳を失わないよう鍛錬します。