診療科・部門

臨床研究開発センター

独自HPへ

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

 臨床研究開発センターは、従来の治験管理センターをもとに平成18年1月に改組され治験ばかりではなく研究者主導の臨床試験をサポートするために設立されました。当センターは、治験の適正かつ円滑な推進を図るとともに、医師主導型治験及び臨床試験の効率的かつ適正な実施を支援し、これら臨床試験の科学性、倫理性,安全性及び信頼性を確保することを目的としています。
(詳しくは 独自ホームページ を御覧下さい)。

 臨床研究開発センターは、臨床研究管理部門、臨床試験コーディネーター(CRC)部門、信頼性保証部、生物統計部門/データセンター(データマネージメント)から構成、センター長、副センター長、センター長補佐のほか、生物統計家1名、CRC総勢9名(薬剤師2名、臨床検査技師2名、看護師5名)、データマネージャー2名と事務職員2名(IRB事務局兼務)が臨床研究や治験の支援業務をしております。平成27年4月から施行された「人を対象とした医学系研究の倫理指針」の信頼性保証に対応すべく、モニタリング・監査体制を構築しております。

 私どもは、三重県(行政)、三重県医師会、三重県病院協会、三重大学の産官学が連携・協力して地域圏での治験や臨床試験を推進する“みえ治験医療ネットワーク”( http://www.mie-cts.net/ )を平成15年に構築(事務局NPO みえ治験医療ネット、専任事務員2名)、11年間に及ぶ治験や臨床試験のサポートをしております。

業務内容

 製薬企業主導の医薬品(医療機器)の第1相~第4相の治験、医師主導型治験、先進医療Bや研究者主導の臨床試験の実施を支援しております。副センター長及び生物統計家が自主臨床試験のコンサルテーション、臨床試験web支援システム(EDC)を用いたデータマネージャーによる多施設共同臨床研究の支援を行っています。
 また、名古屋大学の中部先端医療開発円環コンソシアムと京都大学の開花プロジェクトとの強い連携のもと、三重大学内の医薬品、医療機器、再生医療等の開発シーズの発掘~非臨床試験~実用化(治験)に至る全てのステップの支援を行っています。
 皆様からの治験や臨床研究のコンサルテーションや支援を行いますので気軽にご相談ください。