診療科・部門

消化器・肝臓内科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

高度な医療、先進的な医療を展開しています。

消化器疾患全領域を対象として適確な診断や最適で患者様に優しい治療を実践しています。
最新の医療機器を用いた診療や遺伝子診断を用いたテーラーメイド医療などの最先端の医療を積極的に推進しており、特に内視鏡的粘膜下層剥離術などの低侵襲な治療や肝癌に対するラジオ波焼灼療法を多数施行しています。

主な診療内容

肝疾患
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性肝癌および食道静脈瘤の診療に取り組んでいます。また、新規薬剤等の臨床試験も積極的に進めています。
消化管疾患
食道、胃、小腸、大腸などの消化管疾患の診療に取り組んでおり、酢酸散布を併用した拡大内視鏡、早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、低侵襲カプセル内視鏡などを行っています。
胆膵疾患
最新の医療機器を用い、胆嚢、胆道、膵臓などの疾患の診療に取り組んでおり、超音波内視鏡下での針生検(EUS-FNA)による組織診断、ドレナージほかステント治療など積極的に施行しています。

得意とする分野

  • C型慢性肝炎に対する最新のIFN療法(3剤併用)、瀉血療法や鉄制限食療法などの肝庇護療法
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態診断と治療
  • 肝癌に対するエコーまたはCTガイド下ラジオ派焼灼療法(RFA)
  • 肝癌の集学的治療(肝動脈内持続抗癌剤注入療法、分子標的薬、骨や肺転移に対するRFAなど)
  • 食道・胃・大腸早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 小腸内視鏡、カプセル内視鏡による小腸病変の診断
  • 難治性のクローン病・潰瘍性大腸炎に対する抗TNF-α抗体や白血球除去療法
  • 胆、膵疾患に対する内視鏡的胆管膵管造影(ERCP)、胆管・膵管内エコー(IDUS)を用いた診断
  • 超音波内視鏡下での針生検(EUS-FNA)による組織診断
  • 内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)と内視鏡的胆管ドレナージ(EBD)