診療科・部門

循環器内科

独自HPへ

写真
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈、肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症など、循環器領域のあらゆる疾患に対して最善・最適・最新の医療を提供いたします。
治療方針は、多様化する医療の中で様々な治療方針における利点と欠点を具体的に示し、患者様と共に相談して決定していきたいと考えています。

主な診療内容

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
心臓CT・MRI検査や血管内超音波検査等による画像診断とカテーテルインターベンション治療、薬物療法によるリスク因子の治療と再発予防
不整脈
心臓電気生理学的検査による診断と各種頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療、埋込型除細動器(ICD)移植術、ペースメーカー移植術
心不全
心エコー検査等による最新の診断と各種薬剤や両室ペーシングなどによる難治性心不全の治療
深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症(“エコノミークラス症候群”)、肺高血圧症
血栓溶解療法、下大静脈フィルター留置術、カテーテル肺動脈拡張術、肺血管拡張薬持続静注療法
末梢動脈疾患
重症虚血肢に対する血管拡張術と自己骨髄細胞移植による血管新生療法

得意とする分野

  • 狭心症・心筋梗塞に対する薬物治療・カテーテルインターベンション治療
  • 不整脈に対する薬物治療・カテーテルアブレーション治療・ペースメーカー移植術
  • 重症心不全・難治性心不全の診断と治療
  • 深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症・肺高血圧症の診断と治療
  • 末梢動脈疾患の診断とカテーテル治療