診療科・部門

血液内科

独自HPへ

main_ketsuekinaika

治療方針

血液内科では、あらゆる血液疾患に対する診断と治療を行っています。
治療方針に関しては、標準治療法はもとより科学的根拠に基づく最新の治療法にいたるまで患者さんと相談し、個々の患者さんの病状に応じた最善の治療を提供できるよう心がけています。
また血液疾患の研究を行い、その成果を三重県内外の患者さんに還元できるよう努めています。

主な診療内容

幹細胞・白血病分野
白血病や骨髄不全症候群の診断・治療を行っています。
リンパ系腫瘍分野
悪性リンパ腫および多発性骨髄腫を中心とし、その他良性のリンパ増殖性疾患を対象に診療しています。
血栓・止血分野
当院には全国に先駆けて血栓症・止血異常症診療センターが設置されており、他の診療科、中央検査部、オーダーメード医療部、輸血部などのスタッフと協力して血栓・止血異常症の診療を行っています。
HIV感染症・AIDS
HIV感染症治療においては、三重県の中核拠点病院として、多職種で協力して診療を行っています。

得意とする分野

  • 造血器腫瘍、骨髄不全症候群に対する化学療法、分子標的療法、分化誘導療法、抗体療法、免疫抑制療法、放射線治療(患者さんの病状に応じて、これらの治療法を組み合わせて最適な治療を行います)
  • 白血病やリンパ腫に対するより良い治療を開発するための臨床研究(日本成人白血病研究グループ(JALSG)、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)に参加しています)
  • 造血器腫瘍および骨髄不全症候群に対する造血幹細胞移植
  • 播種性血管内凝固症候群・血栓性血小板減少性紫斑病・特発性血小板減少性紫斑病など血栓・出血性疾患の診断と治療
  • 血栓性素因(プロテインC・プロテインS・アンチトロンビン欠乏症・抗リン脂質抗体など)の診断、血栓症予防および治療
  • 血友病の在宅注射指導と包括医療(小児科・整形外科など他科と連携しています)

受診される方へ

当科病棟は、新病棟開院により最新かつ県内最大のクリーンフロアを備えこれまで以上に安全な治療を多くの患者さんに提供できるようになりました。 さらに11階と病棟としては最上階にあり、各病室から伊勢湾や鈴鹿山系の山々を一望できるなど快適性も備えています。 また患者さんが安心して治療に専念できるよう、スタッフ一同協力して患者さんやご家族のサポートを心がけています。