教育について

看護部の教育とキャリア開発について

看護部の教育方針

看護部理念である一人ひとりの患者さんに最善の看護を提供することができる看護師、助産師を育成します。

看護師イラスト

看護部の教育目標

  1. 生命の尊厳に基づく倫理観を持ち、人権を尊重した看護を提供できる
  2. 患者・家族について理解し、個別性を重視した看護を提供できる
  3. 看護専門職として自律性を持ち、自己教育力を高めることができる
  4. 自己の看護実践に責任を持ち、看護サービス・資質の向上をはかることができる
  5. 組織の一員として自覚を持ち、関連部門と良好な人間関係を構築することができる
  6. 地域との連携を深め、多様なニーズに対応できる実践能力を養うことができる
  7. 時代の変化に柔軟に対応できるよう、広い視野を持って考えることができる

キャリア開発

当院看護部では、看護師一人一人が自分の持つ自己教育力をもとに、看護のプロフェッショナルを目指してステップアップすることを求めています。自己教育力とは、主体的に学ぶ意志、態度、能力をさし、専門職業人として求められる自己研鑽をすすめる糧となる力です。
根幹となるのはジェネラリストとしてのステップアップであり、「基本的姿勢と態度」「技術的側面」「管理的側面」を軸としたクリニカルラダーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳを設けています。そして、看護の専門性を高めるための領域別院内認定コースがあります。
また、副看護師長以上では、ファーストステップ・セカンドステップという看護管理を学ぶコースもあります。さらに、組織における役割遂行を助けるとともに、自己の成長につなげる各種研修を設けています。

キャリア開発について

クリニカルラダーとは

クリニカルラダーは、キャリア開発の視点にたち、専門職業人として、段階的に自分を高めていくことを目的としています。
当院のクリニカルラダーは、厚生労働省の示す“臨床実践能力の構造”をもとに、医療人として必要な基本姿勢と態度、看護実践における技術的側面、看護実践における管理的側面の3つを枠組みとして構築しています。
自分の現在の臨床実践能力を客観的に判断し、今後自分が目指していく方向を明確にし、それに向かってチャレンジし成長していくことを目指しています。

クリニカルラダーのレベルは以下の4段階です。

  • レベルⅠ … 指導や助言を受けながら看護実践ができるレベル
    (主に、卒後1年目ナースが1年かけてめざします)
  • レベルⅡ … 一人で看護実践ができるレベル
    (主に、卒後2年目ナースが1年かけてめざします)
  • レベルⅢ … リーダーシップを発揮し、看護実践ができるレベル
    (主に、卒後3年目以上のナースが自分のペースでめざします)
  • レベルⅣ … ロールモデルになれるレベル

クリニカルラダー