看護部の紹介

看護部長ごあいさつ

看護職員がお互いに認め合い、持てる力を充分に発揮できる職場づくりを。

看護部長ごあいさつ

看護部長として2020年4月で5年目を迎えます。2019年度からは、医療サービス担当副病院長に加え、総合サポートセンター長も兼務しています。
三重大学医学部附属病院看護部の看護理念は、一人ひとりの患者さんに最善の看護を提供するということです。目の前にいらっしゃるその方にとって最善とは何かを常に考えて、皆で検討して、看護を提供しています。それは、外来でも病棟でも検査部門であっても同じです。皆が情報を共有し、他の職種の方々と協働しながら看護を提供すことが必要です。
私たち看護師・助産師の強みは24時間365日患者さんのそばに常にいるということです。患者さんからの声を、また声に出せない声をいかに汲み取れるかが私たちの大事な仕事であると思っています。そして、誇りをもって看護を提供できる人を育てるのも大学病院としての使命だと考えています。

2020年1月
看護部長江藤由美

看護部の理念

一人ひとりの患者さんに最善の看護を提供します

基本方針

  1. 患者さんの信頼と安心が得られる看護を安全に提供します。
  2. 最新の知見を活用し、新たな看護の知識・技術の開発を推進します。
  3. 地域の看護を牽引し、看護の質向上に努めます。
  4. 看護の国際交流に努めます。