看護部の紹介

チーム医療

 

チーム医療への取り組み

看護部では他職種のスタッフと協働し、チーム医療に取り組んでいます。医師や看護師だけでなく、リハビリスタッフやソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士など各専門分野のスタッフがひとつのチームとなって、患者さんを支えています。
その中で、患者さんにとって最も身近な存在であり、接する時間が一番長いのが看護師です。それ故に看護師はチーム内に於いても中心的な役割を担い、患者さんの情報を各専門職へ伝える橋渡し役となります。
チームでは、各専門職がそれぞれの役割を果たしながら、患者さんの情報を共有して緊密に連携をはかります。そして、一人ひとりの患者さんに合った最善の看護を提供し、早期回復と退院に向けた訓練や支援を行っています。

活動チームとスタッフ構成

褥瘡対策チーム 皮膚科医師・皮膚排泄ケア認定看護師・薬剤師・理学療法士・医療サービス課職員
緩和ケアチーム 身体症状や精神症状を担当する医師・がん専門看護師・緩和ケア認定看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー
呼吸ケアチーム(RST) 救急課医師・重症集中認定看護師・理学療法士・臨床工学技士
嚥下対策ケアチーム 言語聴覚士・摂食嚥下障害看護認定看護師・管理栄養士・作業療法士・医師(耳鼻科、歯科、神経内科、整形外科)・事務部門
栄養サポートチーム(NST) 管理栄養士・医師(救急科、歯科、糖尿病内科、肝胆水膵移植外科)・看護師・薬剤師・臨床検査技師
感染対策チーム(ICT) 医師・感染管理認定看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職員