初期研修センター

研修担当スタッフ

初期研修センター長・山本憲彦

初期研修センター長・山本憲彦

初期研修センター長の山本憲彦です。
学生時代と仕事を始めてからの一番の大きな違いは何でしょうか。 それは責任感だと思います。社会に対する責任感、患者に対する責任感など様々な責任感が必要とされます。人それぞれの立場で負うべき責任の大きさ・種類は違いますが、日々の業務の中で、どのような責任があるのか考え行動してください。
又、皆さんは、今、とても幸せです。それは、患者に対しても、医療に対しても、まさに今しか感じられないことが沢山あるからです。しかし、日常の中で、本来なら感じられるであろう充実感、幸福感、満足感などは、全力で取り組み、ぶつかることからのみ得られるものです。残念ながら、適当に済ませればそのようなことも感じられないまま時は流れ、貴重な機会を失います。
繰り返しますが、今の諸君の立場でしか感じることはできません。入職後、様々な困難があると思いますが、いちいち熱くぶつかってください。自分たちは、そんな皆様のキャリアを支援します。ともに幸せに成長して行きましょう。

指導医・杦本由香

指導医・杦本由香

臨床研修・キャリア支援部、血液・腫瘍内科助教の杉本です。
三重大学医学部附属病院の初期研修プログラムはオーダーメードプログラムであり、研修協力病院も多いことが特徴です。大学病院の初期研修と市中病院の初期研修、それぞれの良いとこ取りができ、後期研修の専門科を決めるために早くから選択科をローテートできるという利点もあります。
熱血指導医スタッフが揃っていますし、24時間365日利用可能なスキルズラボや広い研修医室など、ハード面も充実していますので、あとはあなたの「やる気」次第です。
初期研修医の2年間は一度きりです。自分が思い描くキャリアプランに向けて、画一的でない、個々のニーズに沿った初期研修をしてみたいと思いませんか?
医師、人生の先輩として、初期研修医の先生方の2年間を実りある期間にするためのお手伝いをさせていただきたいと思います。

指導医・伊藤貴康

指導医・伊藤貴康

腎臓内科の伊藤貴康です。私は、三重大学の初期研修医 第4期の卒業生です。本センターの卒業生で初めて、スタッフに就任しました。当然ですが、私が研修していた時代より、三重大学の研修はいい意味の進化を遂げております。
人間の成長には、自分自身のたゆまぬ努力とあふれる熱意に加え、研修する環境が大きく影響します。研修医の求めるニーズと、僕が大切だと考えるアウトプット力、この2つを満たす2年間にしてみませんか?