初期研修センター

研修担当スタッフ

初期研修センター長・山本憲彦

初期研修センター長・山本憲彦

初期研修センター長の山本憲彦です。
学生時代と仕事を始めてからの一番の大きな違いは何でしょうか。 それは責任感だと思います。社会に対する責任感、患者に対する責任感など様々な責任感が必要とされます。人それぞれの立場で負うべき責任の大きさ・種類は違いますが、日々の業務の中で、どのような責任があるのか考え行動してください。
又、皆さんは、今、とても幸せです。それは、患者に対しても、医療に対しても、まさに今しか感じられないことが沢山あるからです。しかし、日常の中で、本来なら感じられるであろう充実感、幸福感、満足感などは、全力で取り組み、ぶつかることからのみ得られるものです。残念ながら、適当に済ませればそのようなことも感じられないまま時は流れ、貴重な機会を失います。
繰り返しますが、今の諸君の立場でしか感じることはできません。入職後、様々な困難があると思いますが、いちいち熱くぶつかってください。自分たちは、そんな皆様のキャリアを支援します。ともに幸せに成長して行きましょう。

指導医・濱田康彦

指導医・濱田康彦

臨床研修・キャリア支援部、消化器・肝臓内科スタッフの濱田です。
三重大学医学部附属病院の初期研修プログラムは研修協力病院も多く、個々の希望に併せたオーダーメードプログラムが組めることが特徴です。指導医の多い大学病院の初期研修に加えて市中病院の初期研修も経験でき、また後期研修の専門科を決まれば早くから志望科をローテートできるという利点もあります。
当院独自のスキルズラボや研修医室など、施設面も充実しています。やる気次第で充実した研修を行うことができます。
医師の先輩として初期研修医の皆さんをお手伝いすることで、当院での2年間を充実した期間にできればと思っています。

指導医・中村知樹

指導医・中村知樹

皆さんこんにちは。三重大学では県内唯一の大学病院である特徴を生かして、様々な疾患を初期研修医の皆さんが経験できる体制を整えています。大学病院ではカバーできないような疾患も、オーダーメイドプログラムを生かして、様々な病院と連携しているので、県内外の病院でしっかりとカバーできています。
私の専門は整形外科で、必須科ではありませんが、外傷関連などの講義や実習を組み入れることや、外科系に興味がある研修医の先生にはその雰囲気を伝えられるよう努めています。
多くの指導医、同期の仲間がいることは大きな魅力であり、将来の礎になります。
ぜひ皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

指導医・佐藤圭

指導医・佐藤圭

準備中です。

指導医・西濵康太

指導医・西濵康太

三重大学医学部附属病院の初期研修プログラムでは、個々のニーズに合わせて大学病院での研修と協力病院での研修を組み合わせることで、様々な視点から患者さんに向き合える力をつけることができます。
臨床研修・キャリア支援部は、その名の通り、皆さんが安心して研修に没頭し、プロフェッショナルとしてのキャリアを形成していくためのサポートを惜しみません。
皆さんが社会のニーズにしっかり応えることができる医師として羽ばたけるよう、私も一人の指導医として全力を尽くします。