menu

研修医・医学生のみなさんへ

当センターでの研修について

リウマチ・膠原病センターは、全身性エリテマトーデスや血管炎などの膠原病や関節リウマチなどの関節病変を主に障害するリウマチ性疾患を専門に診療する部門です。これらの疾患の多くは多臓器障害を来たすため、頭部から末梢まで全身の診察を必要とされ、また、自己抗体など様々な免疫学的検査の解釈、併発する感染症などの副作用への対応、整形外科的・皮膚科学的知識と対応なども必要とされます。
研修を通して、医師として、リウマチ専門医として必要な、全身疾患を診療する能力、国際標準のリウマチ膠原病性疾患診療を行える能力の習得を目指します。
さらに、他診療科医師、看護師、薬剤師などのメディカルスタッフと協力したチーム医療の中で、全人的医療を行う姿勢の習得も目指します。
当センターでは昨今の男女ともに問われる働き方改革、女性医師が人生のライフイベントを乗り越えて医師を続けていかれるようなシステム等にも配慮した、短期的・長期的スケジュールを作成しています。

週間スケジュール

曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 病棟 病棟 症例カンファレンス
病棟
病棟・関節エコー外来 病棟
午後 病棟・外来 病棟 リサーチカンファレンス
抄読会
病棟
画像カンファレンス
病棟

研修開始時には、総論(関節所見・関節エコーのみかた、自己抗体のみかた、治療薬の特性と使用法など)および各論として各リウマチ膠原病性疾患の概説等の講義をスタッフから行います。研修医は、病棟診療はもちろんのこと、症例カンファレンス、抄読会、ショートレクチャーなどにも積極的に参加していただきます。
そのほか、関連学会での発表、症例報告論文作成などにも取り組むことができます。
大学院医学系研究科リウマチ学講座も兼ね備えており、大学院で学び博士号を取得することも可能です。
リウマチ・膠原病センターの一員として積極的に診療・教育・研究に参加していただくことで全身性疾患の診療の面白さ奥深さを実感いただけると思います。

関連学会

日本リウマチ学会日本臨床リウマチ学会日本内科学会日本臨床免疫学会母性内科学会日本炎症再生学会日本痛風核酸代謝学会日本臨床疫学会日本免疫学会欧州リウマチ学会(EULAR)米国リウマチ学会(ACR)アジア太平洋リウマチ学会(APLAR)