menu

教室紹介

2022年】

<国内学会発表>

  1. 秋山雅裕、伊藤有平、中村洋輔、舘佳樹、山本芳樹、中島亜矢子.長期寛解後に間質性肺炎で再燃し、抗MDA5抗体陽性と判明した皮膚筋炎の1例.第33回中部リウマチ学会2022 抄録集p98 於岐阜
  2. 中村洋輔、舘佳樹、秋山雅裕、水谷聡、伊藤有平、山本芳樹、中島亜矢子.多発血管炎性肉芽腫症を疑われるも多発脂肪織炎を併発し診断治療に難渋している一例.第75回東海膠原病研究会 7.9於名古屋
  3. 奥西有希、水谷聡、玉田達也、田中宏幸、伊藤有平、山本芳樹、中島亜矢子.3剤併用療法で寛解に至り,治療開始17か月後に健常児を出産できた抗MDA-5抗体陽性間質性肺炎合併無筋症性皮膚筋炎(CADM)の一例.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集732 於横浜, Web
  4. 玉田達也、水谷聡、 田中宏幸、奥西有希、伊藤有平、山本芳樹、矢野裕、中島亜矢子.Multi target therapyにより寛解した全身性エリテマトーデスによるB型インスリン抵抗症候群の一例.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集646 於横浜, Web
  5. 田中宏幸、伊藤有平、玉田達也、奥西有希、水谷聡、山本芳樹、中島亜矢子.ワークショップ 70 多発性筋炎・皮膚筋炎の皮膚病変・臨床 抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎患者における再燃・死亡に関与する因子の検討.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集467 於横浜, Web
  6. 舘佳樹、玉田達也、奥西有希、田中宏幸、野田健太朗、水谷聡、山本芳樹、伊藤有平、中島亜矢子.細菌性髄膜炎を疑うも多彩な精神神経症状出現により鑑別しえたneuropsychiatric SLEの1例.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集642 於横浜, Web
  7. 伊藤有平、玉田達也、奥西有希、田中宏幸、野田健太朗、水谷聡、山本芳樹、中島亜矢子.器質化肺炎を呈したSLE 3例の報告.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集643 於横浜, Web
  8. 若林弘樹、長谷川正裕、中島亜矢子、須藤啓広.エタネルセプト投与関節リウマチ患者におけるエタネルセプト後続品の治療維持効果の検討.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集596 於横浜, Web
  9. 中島亜矢子、渥美達也、岡本奈美、高橋伸典、田村直人、中島敦夫、藤井隆夫、松野博明、林悦子、石田篤子、吉田光宏。桑名正隆、高木理彰、竹内勤.ワークショップ 38.ANCA関連血管炎のレジストリ・市販後調査.好酸球性多発血管炎性肉芽腫症を対象としたメポリズマブ製造販売後調査の中間集計結果.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集402於横浜, Web
  10. 田村直人、渥美達也、藤井隆夫、松野博明、中島敦夫、中島亜矢子、岡本奈美、高橋伸典、桑名正隆、高木理彰、竹内勤、吉田光宏、尾中夕奈、松木大造.ワークショップ 58.SLEの治療-2(ベリムマブ) 日本人成人全身性エリテマトーデス(SLE)患者におけるベリムマブの使用成績調査 中間報告.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集443 於横浜, Web
  11. 田村直人、渥美達也、岡本奈美、高橋伸典、中島敦夫、中島亜矢子、藤井隆夫、松野博明、辻本直人、西川厚嗣、石井泰子、竹内勤、桑名正隆、高木理彰.ワークショップ 11 JAK阻害薬 1:臨床試験、市販後調査 関節リウマチ患者に対するバリシチニブの安全性・有効性:国内特定使用成績調査(製造販売後全例調査)の24週データ.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集349 於横浜, Web
  12. 磯島咲子、柳井亮、三浦瑶子、羽多野美香、奥健志、金子佳代子、金子祐子、田中良哉、藤尾圭志、松下雅和、宮前多佳子、和田隆志、矢嶋宜幸、中島亜矢子、村島温子.ワークショップ 56.妊娠・出産・移行医療 JCR会員アンケート研究:SLE患者の妊娠許容に対する免疫血清学的指標の影響.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集438 於横浜, Web
  13. 金子佳代子、阿部靖矢、岩井秀之、岩田恭宣、宇都宮雅子、磯島咲子、落合萌子、島田裕美、白井剛志、土田優美、中山田真吾、花岡洋成、野澤智、渡邉あかね、三浦瑶子、宮川英子、森山繭子、奥健志、金子祐子、田中良哉、藤尾圭志、松下雅和、宮前多佳子、矢嶋宜幸、和田隆志、村島温子、中島亜矢子.シンポジウム 16.膠原病妊娠登録調査小委員会企画:PLEASURE-Jを大きく育てていくために 学会主導の若年性診断早期疾患レジストリを用いた,患者・主治医主体のエビデンス構築の可能性.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集242 於横浜, Web
  14. 野澤智、宮前多佳子、金子佳代子、阿部靖矢、磯島咲子、岩井秀之、岩田恭宣、宇都宮雅子、大西香絵、落合萌子、島田裕美、白井剛志、土田優美、中山田真吾、花岡洋成、三浦瑶子、森山繭子、渡邉あかね、奥健志、金子祐子、田中良哉、藤尾圭志、松下雅和、矢嶋宜幸、和田隆志、中島亜矢子、村島温子.ワークショップ64 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】:低疾患活動性(LLDAS)に与える影響因子の検討.第66回日本リウマチ学会2022 抄録集445 於横浜, Web

<論文>

  1. Yamamoto Y, Mitsui A, Noda K, Suzuki Y, Sawaki A, Shinoki T, Imai H, Miyazaki K, Tawara I, Nakajima A. Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma with HAVCR2 mutation diagnosed after 10 years of treatment with glucocorticoids and cyclosporine as lupus panniculitis: a case report. Intern Med (accepted)
  2. Sugimoto N, Tanaka E, Inoue E, Abe M, Sugano E, Sugitani N, Saka K, Ochiai M, Higuchi Y, Yamaguchi R, Ikari K, Nakajima A, Yamanaka H, Harigai M. Trends in risks of malignancies in Japanese patients with rheumatoid arthritis: Analyses from a 14-year longitudinal observation of the IORRA cohort study. Mod Rheumatol (accepted)
  3. Takagi M, Atsumi T, Matsuno H, Tamura N, Fujii T, Okamoto N, Takahashi N, Nakajima A, Nakajima A, Tsujimoto N, Nishikawa A, Ishii T, Takeuchi T, Kuwana M. Safety and effectiveness of baricitinib for rheumatoid arthritis in Japanese clinical practice: 24-week results of all-case post-marketing surveillance. Mod Rheumatol 2022 Aug 6;roac089. doi: 10.1093/mr/roac089.
  4. Mizutani S, Okunishi Y, Tamada T, Tanaka H, Ito Y, Yamamoto Y, Kitamura A, Tanaka H, Ikeda T, Nakajima A. A woman with rheumatoid arthritis who successfully delivered a healthy child with continuous administration of sarilumab throughout pregnancy. Intern Med. 2022 Jul 22. doi: 10.2169/internalmedicine.9607-22.
  5. Ito Y, Nakahara H, Nakajima A. Development of pulmonary alveolar proteinosis in a patient with adult-onset Still’s disease treated with tocilizumab. J Rheumatol 2022 Aug 15;jrheum.220128. doi: 10.3899/jrheum.220128.
  6. Ito Y, Tamada T, Okunishi Y, Mizutani S, Yamamoto Y, Nakajima A. Organizing pneumonia as a possible pulmonary manifestation of systemic lupus erythematosus: Three cases and a review of literature. Lupus 2022; 31:737–743

<依頼原稿>

  1. 水谷聡、中島亜矢子.特集 関節リウマチ  治療各論 (2) メトトレキサート以外の従来型合成抗リウマチ薬 日本臨床80 (増刊号4):364-368, 2022 
  2. 中島亜矢子、百崎良.リハビリテーション医学・医療における栄養管理テキスト  各種疾患のリハビリテーション診療における栄養管理 7 リウマチ性疾患.一般社団法人日本リハビリテーション医学教育推進機構、公益社団法人日本リハビリテーション医学会慣習 久保俊一、吉村芳弘総編集 医学書院 東京 2022

 

【2021年】

<受賞>

1.  山本芳樹:第65回日本リウマチ学会(2021)秀逸ポスター賞:当院における再発性多発軟骨炎6例の検討

2.  中島亜矢子:第65回日本リウマチ学会(2021)秀逸ポスター賞:ナショナルデータベースを用いた関節リウマチ診療の現状 ―診療施設別、都道府県別検討―

<国内学会発表>

  • 青沼可也、玉田達也、山本芳樹、伊藤有平、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子. 巨細胞性動脈炎の治療経過中に腸管気腫症を来した一例.第243回内科学会東海地方会 
  • 中島亜矢子、酒井良子、井上永介、針谷正祥. ナショナルデータベースを用いた関節リウマチ診療の現状 ―診療施設別,都道府県別検討―. 第65回日本リウマチ学会2021 Web抄録544

2. 鈴木康夫、山本芳樹、野田健太朗、中島亜矢子.全身性エリテマトーデス患者におけるベリムマブ皮下注射投与の有用性,安全性の検討.第65回日本リウマチ学会2021 Web抄録p.618

3. 山本芳樹、三井安沙子、伊藤有平、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子.当院における再発性多発軟骨炎6例の検討.第65回日本リウマチ学会2021 Web抄録p.684

4. 野田健太朗、 伊藤有平、山本芳樹、鈴木康夫、中島亜矢子、小寺仁、 杉本茜、松本美富士.抗核抗体homogeneous型のみ陽性にも関わらず抗Sm抗体,抗RNP抗体強陽性を呈した全身性エリテマトーデスの一例.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.625

5. 伊藤有平、玉田達也、山本芳樹、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子.TCZ投与後マクロファージ活性化症候群を起こすも,再投与により寛解導入できた成人発症Still病の1例.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.688

6. 玉田達也、伊藤有平、山本芳樹、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子.PET-CT集積像により診断しえた症候性下肢動脈炎合併,巨細胞性動脈炎の一例.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.652

7. 杉谷 直大、田中 榮一、井上 永介、阿部 麻衣、菅野瑛梨、落合萌子、 山口麗、 杉本直樹、猪狩勝則、中島亜矢子、 山中寿、針谷正祥.早期寛解達成により早期関節リウマチ患者の10年生存率は改善するか -IORRAコホートを用いた検討-.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.301

8. 山口麗、 田中榮一、 井上永介、 阿部麻衣、 菅野瑛梨、杉谷直大、落合萌子、杉本直樹、猪狩勝則、中島亜矢子、 山中寿、針谷正祥.中~高疾患活動性が持続する関節リウマチの特徴-IORRAコホートを用いた検討-.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.301

9. 藤井隆夫、渥美達也、岡本奈美、高橋伸典、 田村直人、中島敦夫、中島亜矢子、松野博明、辻本直人、 西川厚嗣、石井泰子、竹内 勤、桑名正隆、高木理彰.関節リウマチ患者に対するバリシチニブの安全性:特定使用成績調査(製造販売後全例調査)からの中間報告(2020年度)       .第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.344

10.渥美達也、岡本奈美、高橋伸典、田村直人、中島敦夫、中島亜矢子、藤井隆夫、松野博明、向井功、石田篤子、 那知新也、桑名正隆、 高木理彰、竹内 勤.好酸球性多発血管炎性肉芽腫症を対象としたメポリズマブ製造販売後調査の中間集計結果.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.412

11.落合萌子、田中榮一、 井上永介、阿部麻衣、菅野瑛梨、杉谷直大、 山口麗、 杉本直樹、猪狩 勝則、中島 亜矢子、山中寿、 針谷正祥.女性関節リウマチ患者における妊娠計画・不妊治療とその転帰に関する実態調査.第65回日本リウマチ学会2021Web抄録p.455

12. 奥西有希、水谷聡、北村亜紗、田中博明、中島亜矢子.妊娠中サリルマブ投与を継続し健常児を得た関節リウマチの1例.第6回日本母性内科学会 2021 (Web)

  1. 金子佳代子、磯島咲子、宇都宮雅子、大西香絵、落合萌子、土田優美、三浦瑶子、森山繭、中島亜矢子、村島温子.我が国の若年SLE患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究:妊娠例の報告.第6回日本母性内科学会 2021(Web)
  2. 田中宏幸、玉田達也、奥西有希、水谷聡、野田健太朗、伊藤有平、山本芳樹、若林弘樹、中島亜矢子.微細な肺病変で診断しえた特発性多中心性キャッスルマン病.第32回中部リウマチ学会抄録p118 於静岡(Web)

15.玉田達也、山本芳樹、田中宏幸、奥西有希、野田健太朗、水谷聡、伊藤有平、中島亜矢子.全身性エリテマトーデスに合併し治療に難渋した高インスリン受容体抗体陽性の1例.第36回日本臨床リウマチ学会抄録p275 於富山

<国際学会>

<論文>

  1. Ito Y, Yamamoto Y, Suzuki Y, Noda K, Nakajima A. Clinical and serological features and pregnancy outcomes in women with polymyositis/dermatomyositis: a case-based review. Intern Med. 2022;61(2):143-149. doi:10.2169/internalmedicine.7924-21. PMID: 34334572.
  2. Nakajima A, Sakai R, Inoue E, Harigai M. Geographic variations in rheumatoid arthritis treatment in Japan: a nationwide retrospective study using the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan. Mod Rheumatol 2022;32(1):105-113. doi: 10.1080/14397595.2021.1910615.
  3. Esumi R, Kaneko T, Ito A, Ieki Y, Yamamoto Y, Nakajima A, Imai H. Anticoagulant-free venovenous extracorporeal membrane oxygenation for diffuse alveolar hemorrhage with bowel bleeding caused by antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis: A case report. Respir Med Case Rep 2021;34:101513
  4. Sugano E, Tanaka E, Inoue E, Sakai R, Abe M, Saka K, Sugitani N, Ochiai M, Yamaguchi R, Higuchi Y, Sugimoto N, Ikari K,Nakajima A, Yamanaka H, Harigai M. Differences in patients’ population and efficacy/effectiveness of biologic disease-modifying antirheumatic drugs between randomized controlled trials and real-world settings in patients with rheumatoid arthritis - using the IORRA cohort. Mod Rheumatol 2022;32(4):675-685. doi: 10.1093/mr/roab067. Online ahead of print. PMID: 34918127
  5. Saiki R, Katayama K, Hirabayashi Y, Oda K, Fujimoto M, Murata T, Nakajima A, Dohi K. Membranous nephropathy associated with multicentric Castleman’s disease that was successfully treated with tocilizumab: A case report and review of the literature. BMC Nephrology 2021;22:216. doi: 10.1186/s12882-021-02423-w.
  6. Fujii T, Atsumi T, Okamoto N, Takahashi N, Tamura N, Nakajima A, Nakajima A, Matsuno H, Mukai I, Ishida A, Aizawa K, Kuwana M, Takagi M, Takeuchi T. Post-marketing surveillance of mepolizumab use in patients with eosinophilic granulomatosis with polyangiitis in Japan: Interim analysis. Therapeutic Research 2021;42:403-422
  7. Ochiai M, Tanaka E, Sato E, Inoue E, Abe M, Saka K, Sugano E, Sugitani N, Higuchi Y, Yamaguchi R, Sugimoto N, Ikari K, Nakajima A, Yamanaka H, Harigai M. Successful discontinuation of biological disease-modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis in real-world settings. Mod Rheumatol 2022;31(4):790-795. doi: 10.1080/14397595.2021.1883252
  8. Aonuma K, Yamamoto Y, Tamada T, Ito Y, Suzuki Y, Nakajima A. Pneumatosis intestinalis developed in a patient with giant cell arteritis while in a clinically-sustained remission phase. Intern Med 2022;61(13):2067-2072. doi: 10.2169/internalmedicine.8402-21.
  9. Yamaguchi R, Tanaka E, Nakajima A, Inoue E, Abe M, Sugano E, Sugitani N, Saka K, Ochiai M, Higuchi Y, Sgimoto N, Ikari K, Yamanaka H, Harigai M. The risk of herpes zoster in patients with rheumatoid arthritis in the biologics era from 2011 to 2015 and its association with methotrexate, biologics, and corticosteroids. Mod Rheumatol 2022;32(3):522-527. doi: 10.1093/mr/roab026.
  10. Matsubara Y, Nakamura Y, Tamura N, Kameda H, Otomo K, Kishimoto M, Kadono Y, Tsuji S, Atsumi T, Matsuno H, Takagi M, Kobayashi S, Fujio K, Nishimoto N, Okamoto N, Nakajima A, Matsui K, Yamamura M, Nakashima Y, Kawakami A, Mori M, Tomita T. A Nationwide Questionnaire Survey on the Prevalence of Ankylosing Spondylitis and Non-Radiographic Axial Spondyloarthritis in Japan. Mod Rheumatol 2022;32(5):960-967. doi: 10.1093/mr/roab096.

<執筆>

  1. 関節リウマチ診療ガイドライン2020 日本リウマチ学会・厚生労働行政推進調査事業費(免疫・アレルギー疾患政策研究事業)我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究班編 第4章 多用は患者背景に対応するために 1.わが国における関節リウマチ診療の実態 2021 診断と治療社(東京)

<依頼原稿>

  1. 伊藤有平、中島亜矢子.特集/最新の膠原病診療 治療薬 ステロイド・MTX 臨牀と研究2021;6:683-687 

 

2020年】

<受賞>

1.野田健太朗:2019年度内科学会奨励賞:潰瘍性大腸炎大腸全摘出後の関節症状発症リスクの検討

2.鈴木康夫:2020年日本リウマチ学会秀逸ポスター賞:抗リン脂質抗体がAPTT波形におよぼす影響の検討.

<国内学会発表>

1.福山曜、後藤至、飯尾滉太朗、伊神明良、杉浦伸也、佐藤雄一、幸治隆文、谷川高士、中島亜矢子.確定診断に苦慮した心嚢液貯留の1例.240内科学会東海地方会2020 p.88

2.針谷正祥、川人豊、中島亜矢子、鈴木康夫.シンポジウムJCR関節リウマチ診療ガイドライン改訂までの経緯とその必要性.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.210

3. 中島亜矢子、酒井良子、井上永介、針谷正祥.ナショナルデータベースを用いた全国の関節リウマチ患者数の推定.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.406

4. 酒井良子、中島亜矢子、井上永介、針谷正祥.ナショナルデータベースを用いた高齢関節リウマチ患者の処方実態に関する検討.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.409

5. 若林弘樹、長谷川正裕、中島亜矢子、湏藤啓広.トシリズマブ効果不十分関節リウマチ患者におけるサリルマブの治療効果.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.461

6. 鈴木康夫、三井安沙子、山本芳樹、野田健太朗、中島亜矢子.抗リン脂質抗体がAPTT波形におよぼす影響の検討.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.592

7. 山本芳樹、三井安沙子、野田健太朗、鈴木康夫、篠木敏彦、中島亜矢子.脂肪織炎の3回目の再燃時に Subcutaneous panniculitis-like T cell lymphomaと診断された一例.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.612

8. 野田健太朗、三井安沙子、山本芳樹、鈴木康夫、小寺仁、松本美富士、中島亜矢子.補体値測定が診断に結びついた原発性および続発性蕁麻疹様血管炎の2症例.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.679

9. 三井安沙子、野田健太朗、山本芳樹、鈴木康夫、中島亜矢子.関節リウマチの経過中に偽性腸閉塞,腸管嚢腫様気腫症の発症を契機に診断された血清学的陰性全身性強皮症の1例.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 p.687

10. 野田健太朗、三井安沙子、山本芳樹、鈴木康夫、中島亜矢子.無症候で長期間経過中に高カルシウム 血症で病勢が悪化したサルコイドーシ スの1例.第64回日本リウマチ学会2020 Web 抄録 693

11.森下裕之、中島亜矢子、山本芳樹、竹内万彦.当科における再発性多発軟骨炎症例の検討.日本アレルギー学会2020

12. 青沼可也、玉田達也、山本芳樹、伊藤有平、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子. 巨細胞性動脈炎の治療経過中に腸管気腫症を来した一例.第234回内科学会東海地方会 

<国際学会発表>

1.  Suzuki Y, Mitsui A, Yamamoto Y, Noda K, Nakajima A. The effect of antiphospholipid antibodies on APTT waveform patterns. EULAR 2020 (Frankfurt, Web)

2.  Sugitani N, Tanaka E, Inoue E, Abe M, Sugano E, Saka K, Ochiai M, Higuchi Y, Yamaguchi R, Sugimoto N, Ikari K, Nakajima A, Taniguchi A, Yamanaka H, Harigai M. Have 5-yearsurvival rate and mortality changed in patients with early rheumatoid arthritis in the past twenty years? -results from the IORRA cohort- EULAR 2020 (Frankfurt, Web)

<論文>

1.  Nakajima A, Sakai R, Inoue E, Harigai M. Prevalence of patients with rheumatoid arthritis and age-stratified trends in clinical characteristics and treatment based on the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan. Int J Rheum DIs 2020;23:1676–1684

2. Noda K, Okita Y, Mizutani Y, Sugitani N, Suzuki Y, Kusunoki M, Nakajima A. Risk Factors for Arthropathies in Ulcerative Colitis Patients after Total Colectomy; a Retrospective Single Center Study. Mod Rheumatol 2021 Mar;31(2):468-473

3.  Yamanaka H, Tanaka E, Nakajima A, Furuya T, Ikari K, Taniguchi A, Inoue E, Harigai M. A large observational cohort study of rheumatoid arthritis, IORRA: providing context for today's treatment options. Mod Rheumatol. 2020;30(1):1-6

  1. Ochiai M, Tanaka E, Sato E, Inoue E, Abe M, Saka K, Sugano E, Sugitani N, Higuchi Y, Yamaguchi R, Sugimoto N, Ikari K, Nakajima A, Yamanaka H, Harigai M. Successful discontinuation of biological disease-modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis in real-world settings. Mod Rheumatol 2021

<依頼原稿>

  1. 山本芳樹、中島亜矢子.特集 リウマチ性疾患の診断・疾患活動性評価のバイオマーカー.リウマチ科2020;63;1-7
  2. 中島亜矢子.今日の治療指針 私はこう治療している 今日の治療指針 14 膠原病および類縁疾患 抗リウマチ薬・生物学的製剤の副作用と対策2020 vol 62 医学書院 p.873
  3. 中島亜矢子.第4版 Evidence Based Medicineを活かす膠原病・リウマチ診療ー東京女子医科大学病院 膠原病リウマチ痛風センター編ー 関節リウマチ 薬物治療(治療戦略・NSAIDs・ステロイド・csDMARDs).Evidence Based Medicineを活かす膠原病・リウマチ診療 東京女子医科大学病院 膠原病リウマチ痛風センター編 メジカルビュー社 2020 東京

4.  中島亜矢子.特集 心臓病を取り巻く疾患群 循環器内科医が注意すべき膠原病とは.循環器内科 2020;87(6):768-777

  1. 中島亜矢子.One Point Advice リウマトイド因子と抗核抗体.Medical Practice 2020;37(12):1935

 

2019年】

<国際学会発表>

1.  Noda K, Mizutani Y, Sugitani N, Suzuki Y, Araki T, Kusunoki M, Nakajima A. Risk Factors for Arthropathies in Ulcerative Colitis Patients after Total Colectomy;
a Retrospective Single Center Study. EULAR 2019 (Madrid)

<国内学会発表>

  1. 野田健太朗、水谷有希、杉谷直大、鈴木康夫、中島亜矢子.潰瘍性大腸炎大腸全摘術後の関節症発症リスクの検討.第63回日本リウマチ学会2019 於京都 抄録 p.503
  2. 鈴木康夫、水谷有希、野田健太朗、杉谷直大、石川英二、中島亜矢子.ループス腎炎の1年後の治療反応性と腎予後に関する検討.第63回日本リウマチ学会2019 於京都 抄録 p.641
  3. 杉谷直大、水谷有希、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子.関節リウマチ患者による全般評価と疾患活動性評価の差異と推移におよぼす要因の検討.第63回日本リウマチ学会2019 於京都 抄録 p.670
  4. 水谷有希、野田健太朗、杉谷直大、鈴木康夫、中島亜矢子3剤併用療法により皮膚・肺病変の小康を得た抗MDA5抗体陽性無筋症性皮膚筋炎の1例.第63回日本リウマチ学会2019 於京都 抄録 p.764
  5. 野田健太朗、水谷有希、鈴木康夫、杉谷直大、桑名正隆、中島亜矢子Granular型抗核抗体陽性から抗NXP2抗体陽性を疑い診断に至った皮膚筋炎の一例.第63回日本リウマチ学会2019 於京都 抄録 p.764
  6. 野田健太朗、水谷有希、杉谷直大、鈴木康夫、中島亜矢子.潰瘍性大腸炎大腸全摘術後の関節症状発症リスクの検討.第116回日本内科学会総会2019 於名古屋

7.山本芳樹、野田健太朗、吉原彰宏、三井安沙子、鈴木康夫、中島亜矢子.当院における再発性多発軟骨炎4例の検討.第31回中部リウマチ 於新潟 抄録 p100

8.渡邊清美、野田健太朗、三井安沙子、吉原彰宏、山本芳樹、鈴木康夫、中島亜矢子.手指潰瘍から診断にいたった巨細性動脈炎の1例.第239回内科学会東海地方会 於岐阜 抄録 p.60, 2019

  1. 三井安沙子、野田健太朗、吉原彰宏、奥西有希、杉谷直大、山本芳樹、鈴木康夫、中島亜矢子.皮膚筋炎治療中に発症し、ニューモシスチス肺炎治療に難渋した一例.第34回日本臨床リウマチ学会 於名古屋 抄録集 p.262, 2019

<論文>

  1. Kameda H, Fujii T, Nakajima A, Ryuji K, Sagawa A, Kanbe K, Tomita T, Harigai M, Suzuki Y. Japan College of Rheumatology guideline for the use of methotrexate in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol 2019;29:31-40
  2. Nakayama M, Furuya T, Inoue E, Tanaka E, Ikari K, Nakajima A, Taniguchi A, Yamanaka H. Factors associated with decreasing serum 25(OH)D among Japanese patients with rheumatoid arthritis: Results from the IORRA cohort study. Mod Rheumatol 2019;29:430-435

<依頼原稿>

  1. 鈴木康夫、中島亜矢子.成人発症IgA血管炎に対する治療ー特にリツキシマブ投与の有用性についてー.リウマチ科 2019;61:87-93
  2. 中島亜矢子.私はこう治療している 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎).日本医事新報 2019年11月9日号 No.4985 p.49

3. 野田健太朗、中島亜矢子. 実地医家が知っておくべき関節リウマチの最新治療 メトトレキサート.Medical Practice 2019;36(7):1081-1085

2018年】

<受賞>

  1. 水谷有希:第236回内科学会東海地方会優秀演題賞:著明な高フェリチン血症を呈し総胆管結石への加療を要した抗MDA5抗体陽性無症候性皮膚筋炎の1例

<国際学会発表>

  1. Sugitani N, Tanaka E, Sugano E, Saka K, Ochiai M, Yamaguchi R, Shimizu Y, Sugimoto N, Ikari K, Nakajima A, Taniguchi A, Yamanaka H. Real-world experience of effectiveness and safety of Certolizumab pegol for rheumatoid arthritis in Japan: Single-center retrospective study. 2018 ACR/ARP Annual Meeting, in Chicago.

<国内学会発表>

  1. 佐藤安沙子、杉谷直大、伊野綾香、水谷有希、平林陽介、鈴木康夫、石川英二、中島亜矢子Sjogren症候群の経過中に紫斑・胸水で発症し、胸腺病変を認め、診断と疾患重症度評価にFDG-PETが有用であったTAFRO症候群の1例.第62回日本リウマチ学会2018 於東京 抄録 p.870
  2. 野田健太朗、中島亜矢子、水谷有希、杉谷直大、鈴木康夫、小寺仁、松本美富士.高安動脈炎と潰瘍性大腸炎が同時発症した1例.第30回日本リウマチ学会中部地方会2018 於名古屋 抄録p.83
  3. 鈴木康夫、水谷有希、杉谷直大、片山鑑、石川英二、中島亜矢子.コルヒチン投与が有効であった成人発症Periodic Fever with Aphtous Pharyngitis and Adenitis (PFAPA)症候群の一例.第30回日本リウマチ学会中部地方会2017 於名古屋 抄録p.103
  4. 水谷有希、鈴木康夫、三井安沙子、杉谷直大、野田健太朗、井上浩之、長谷川浩二、中島亜矢子.著明な高フェリチン血症を呈し総胆管結石への加療を要した抗MDA5抗体陽性無症候性皮膚筋炎の1例.第236回日本内科学会東海地方会 於名古屋 抄録集p.72
  5. 杉谷直大、三井安沙子、水谷有希、野田健太朗、鈴木康夫、中島亜矢子.ループス腎炎、溶血性貧血、血小板減少症をきたし、妊娠中断時期判定に苦慮したSLE合併妊娠の一例.第33回日本臨床リウマチ学会 於東京 抄録p259

<依頼原稿>

  1. 杉谷直大、中島亜矢子.特集 関節リウマチと病態 RA Nursing 2018. No1, p.1-13
  2. 杉谷直大、中島亜矢子.ORAL Strategy試験から見たtofacitinibの有用性.リウマチ科 2018;60:69-75
  3. 杉谷直大、中島亜矢子.『新しいリウマチ・膠原病薬の使い方』III. 各論 A. 合成抗リウマチ薬(sDMARD) 1) 従来型抗リウマチ薬(csDMARD) 5. レフルノミド リウマチ・膠原病治療薬ハンドブック. 文光堂, 2018, 49-54.
  4. 中島亜矢子.診断と治療のABC 139 リウマチ・膠原病 総論 リウマチ・膠原病の鑑別診断の進め方.最新医学別冊 診断と治療のABC 139 リウマチ・膠原病 2018 p.47-55
  5. 中島亜矢子.サリルマブ.炎症と免疫2018;26(6):515-519
  6. 野田健太朗、中島亜矢子.痛風 日本医事新報 2018;12(2):62-3

<医局主催行事>

  1. 市民公開講座 『リウマチ・膠原病って どんな病気』2018.9.17 於三重県文化会館小ホール