menu

患者のみなさまへ

特色・方針

リウマチ膠原病性疾患はその特徴として多臓器に病変をきたすこと、また治療が長期におよぶことなどがあります。リウマチ膠原病性疾患に対するきめ細やかな診療や薬剤の副作用に対する迅速に対応する内科領域部門は欠かす事ができません。入院となる重症の患者のみなさまは当院で診療させて頂き、その後安定した後は地域の先生方にお願いするなどかかりつけ医との連携を大切にしていきます。リウマチ・膠原病センターでは、多くの診療科の医師、看護師、薬剤師をはじめとするメディカルスタッフとのチーム医療にて患者のみまさまの診療に携わっていきます。

診療案内

当リウマチ・膠原病センターでは、診断がつかない関節痛、関節リウマチや全身性エリテマトーデス、血管炎などのリウマチ膠原病性疾患の診断・診療を広く行っています。
当センターが診療対象とするリウマチ膠原病性疾患は関節や筋肉に痛みやこわばりが続き、また全身の臓器に炎症などの障害をおこす難治性の病気で、その多くは自己免疫性疾患という自身の体の臓器を敵と間違って認識して攻撃してしまう病気です。
ほとんどの病気で真の原因は明らかではありませんが、診断や治療法は非常に進んできました。発病早期の方では、障害を残す前にステロイドや免疫抑制薬、生物学的製剤といわれる薬物を用いた適切な治療を行い、元の生活に戻れることを目標にします。
またすでにご病気になってから長い方においても、少しでも病状が改善されるように治療を行います。

主なリウマチ・膠原病性疾患

  • 全身性エリテマトーデス
  • 多発筋炎/皮膚筋炎
  • 強皮症
  • 高安動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発動脈炎などの血管炎症候群
  • 関節リウマチ
  • シェーグレン症候群
  • ベーチェット病
  • 脊椎関節炎
  • 痛風・偽痛風 など

受診のしかた

初診の患者のみなさまへ

かかりつけ医療機関から診療予約申込書と診療情報提供書(紹介状)を当院へFAXしていただくことにより初診予約を取ることができます。患者さんから直接のお申し込みはできませんので、ご了承ください。

三重大学医学部附属病院 トップページ
三重大学医学部附属病院 リウマチ・膠原病センター診療案内