腫瘍内科とは

がんに対する治療には、外科治療、薬物療法、放射線治療、内視鏡的治療などがあります。腫瘍内科とは、化学療法剤などを含むがんの薬物療法を専門的に行う診療科です。我が国では比較的新しい臨床領域ですが、がん対策基本法の施行や専門医の育成などその環境が整備されつつあります。
腫瘍内科の主な役割については、下記のようにまとめることができます。

標準的治療の実践
各がん種に対して、根拠(エビデンス)に基づいた標準的治療を行います。
個別化治療の実践
病気の種類・性質・進行度などに応じ、個々の患者さんに最も適した治療方針を決定します。
生活の質(Quality of Life:QOL)の改善
がんに伴う症状や化学療法の副作用の軽減に努めます。
治療相談
セカンド・オピニオン等を通じて適切な情報提供を行います。
また、個々の患者さんの社会的背景、価値観にも配慮し、満足していただける治療を行います。
新規治療の開発
臨床試験、トランスレーショナル・リサーチ(基礎研究と臨床の橋渡し研究)を実践し、新しい治療法の研究開発に努めます。

診療内容

我々のグループでは、がん薬物療法専門医を含むスタッフが診療に従事しております。いずれのがん種においても、他の診療科と緊密に連携して、病気の状態に応じて手術・薬物療法・放射線療法を含む集学的治療を実施しております。当科での主な対象疾患は下記のようですが、その他のがん種につきましてもセカンド・オピニオン等を通じて治療に関する情報提供を行っております。

乳がん

近年、薬物療法は乳がんにおいてはますます重要な存在となってきています。下記のような病態において、化学療法、内分泌療法、分子標的治療などを実施しております。

  • 乳房温存術を目的とした術前化学療法
  • 再発予防を目的とした手術後の薬物療法
  • 転移再発乳がんに対する薬物療法

胃がん、食道がん、大腸がん等の消化管腫瘍

当科では、切除不能な進行例に対して化学療法を実施しています。また食道がんにおきまして、放射線治療科との連携により化学放射線治療も実施しております。 

原発不明がんなどのまれな腫瘍

原発不明がんなどの腫瘍においては、診断や治療方針に難渋する場合があります。こうしたまれな腫瘍に対する薬物療法も実践しております。

研究

研究面におきましては、主に臨床研究を通じて、新たな治療の開発に取り組んでいます。また、既存の治療薬においては、治療効果を予測する因子の研究や治療に伴う副作用対策についての研究にも取り組んでいます。

新規治療の開発

当科および関連施設では、既存の治療に抵抗性の難治性がんの癌に対して、新規治療の開発を目指して化学療法、分子標的治療、遺伝子治療、免疫療法等の各種臨床研究が行われております。

  • 標準治療が無効となった固形がんにおける薬物療法の研究
  • 稀な腫瘍に対する治療の開発

遺伝子異常に基づくがんの個別化治療

近年の急速な診断技術の発展により、個々の患者さんについてがん細胞の遺伝子異常を解析することが可能になっています。これからは、がん細胞の遺伝子異常を把握することは、それぞれの患者さんに対する個別化医療を実施する上で非常に重要と考えられています。
当科でも、当院のオーダーメード医療部等と連携して、遺伝子情報に基づくがん個別化医療の実践を目指しています。

予後・予測因子の研究

病気の見通し(予後因子)に関する研究や、どのような薬が効きやすいのか(予測因子)、こうした研究は治療の個別化にとって重要な研究です。新しい治療の開発とともに当科も積極的に取り組んでいます。

副作用対策の研究

化学療法剤には、吐気、脱毛、免疫力低下に伴う感染症など副作用がしばしば伴います。また、新しい分子標的治療薬にはこれまでの治療薬とは異なる副作用も報告されています。こうした副作用少しでも軽減できるよう副作用対策(支持療法)の研究も行っております。

  • 化学療法中の悪心・嘔吐に関与する因子の研究
  • 化学療法剤による臓器障害等の発症に関する研究
  • 化学療法中の免疫力低下に伴う感染症(発熱性好中球減少症)の管理についての研究

腫瘍内科スタッフ

  • 水野聡朗
  • 山下芳樹
  • 田丸智巳
  • 斉藤佳菜子(留学中)
  • 石原幹也
  • 小田裕靖