MENU

研究紹介

研究内容

はじめに

研究室写真

当科は成人および小児の消化管疾患を対象とし治療を行っております。おもに食道癌・胃癌・大腸癌などの消化器癌治療、炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療、小児における先天性消化器疾患の治療を行っています。

消化器癌治療においては、早期例では根治性を維持した低侵襲な鏡視下手術を施行しており、一方進行例では、手術療法、薬物治療(抗癌剤や抗炎症薬など)、放射線治療などを総合的に駆使し、根治性と機能温存のバランスのとれた集学的治療を行っております。また、炎症性腸疾患においては、内科的治療困難症例に対し適切なタイミングで個々の患者に適した外科手術を行っております。

このように複雑化した治療を行う場合、科学的根拠に基づいた治療の実践が要求されます。いわゆる“Academic Surgeon”として社会に貢献するには、手術手技の向上はもちろん、個々の患者の治療経験を検証しより良い治療法を創出していくことが必要です。そして、臨床および基礎研究はこの“検証と創出”に必要不可欠と考え、日々研鑚を積んでいます。

当科では、通常診療で得られた臨床情報をもとに行う臨床研究やトランスレーショナル・リサーチ(橋渡し研究)といわれる臨床検体を用いて臨床データと統合解析を行うほか、その機能解析を行う研究を行っています。すなわち、臨床成績の詳細な解析によって問題点を抽出し、治療成績向上のために必要な診断・治療・予防法の開発あるいは改善に役立つ臨床および基礎研究を行っています。この臨床研究・橋渡し研究を遂行することで、新しい治療方針を変更しうるバイオマーカーや新たな治療法を確立し、アカデミアとしての大学病院の使命を果たすとともに、三重大学発のエビデンスを世界に発信し、医学に貢献したいと考えています。

外科手術では治癒困難な病態の検証と新しい治療法創出のために我々が取り組んでいる研究課題

  1. 治療抵抗性克服を目指したテーラーメイド化消化器癌集学的治療法の開発
  2. 癌診断マーカー探索、癌転移再発予測およびその制御を目指した新規バイオマーカー検索や生体内リアルタイム診断法の確立
  3. 炎症性腸疾患関連大腸癌や孤発性大腸癌発症を診断・予測するあたらな非侵襲・低侵襲バイオマーカーの開発
  4. 外科的および内科的免疫修飾による新たな炎症性腸疾患治療法の確立
  5. 先天性消化器疾患の病態解明とその診断・治療法の確立
  6. 腫瘍-宿主反応にもとづく、宿主に与えるさまざまな機能(体組成など)を解析し、その臨床的意義と、癌治療におけるあらたな補助栄養剤の開発
  7. 二光子レーザー顕微鏡を用いたヒルシュスプルング病患児の腸管神経叢の観察(図1)
  8. 新生児モデルマウスを用いた壊死性腸炎の病態解明(図2)
図1 Hirschsprung病類縁疾患の腸管神経叢(新規生体観察手法により腸管壁内部の組織学的評価が漿膜面から可能)

図2 正常新生児マウス(左)および壊死性腸炎モデルマウス(右)の小腸絨毛 いずれも二光子レーザー顕微鏡を用いて3Dイメージで観察可能(トロント大学と共同研究).Koike Y, Uchida K, Pierro A, et al. Nat Commun. 2020.

分子生物学的手法を用いたアプローチ

血液あるいは組織サンプルからDNA、RNA、タンパクの抽出を行い、遺伝子、分子レベルで解析します。

  1. 消化器癌早期診断、治療最適化のための新規バイオマーカー検索、同定とその臨床応用(図3、4)
  2. 遺伝子発現変化・エピゲノム変化・遺伝子変異に基づいた抗癌剤および放射線感受性増強効果の分子生物学的解析
  3. 炎症性腸疾患関連大腸癌発症予測、手術治療最適のための新規バイオマーカーの開発(図5)
  4. 炎症性腸疾患患者における好中球機能制御による免疫能修飾の基礎的研究
  5. 小児胆道閉鎖症早期診断のためのプロテオミクス解析を用いた新規バイオマーカー検索と同定
図3 非侵襲的大腸癌早期診断・予後予測マーカーとして血清中microRNA-21の有用性. Toiyama Y, et al. J Natl Cancer Inst. 2013
図4 遠隔転移診断を可能とする非侵襲マーカーの開発. Hur K, Toiyama Y, Okugawa Y, Imaoka H et al. Gut. 2017
図5 潰瘍性大腸炎症例における全大腸粘膜におけるメチル化異常の解析. Toiyama Y, et al. Gastroenterology. 2017

臨床へのフィードバックを目指して

腫瘍中のDNA、RNA、タンパクを抽出し、細胞の癌化・転移に関係するgenetic(遺伝子変異、SNP)ならびにepigenetic(methylation、microRNAなど)の変化を探索し、それにより修飾される遺伝子発現、タンパク発現の臨床的意義の検証と、その機能的意義を細胞実験、動物実験(さまざまな病態のモデルマウスを用い、形態変化を二光子レーザー顕微鏡による生体内リアルタイムイメージングし解析する)で再現します。
さらに血清、血漿中のcell-freeの核酸、タンパクを抽出し、上記で検証された候補methylation、microRNA、タンパクを定量することで癌治療の最適化、癌診断、病態早期診断に応用可能なマーカーを探索し、臨床応用に挑戦しています。
また、臨床および基礎研究を通して得られた新知見は、論文という形に残し、世の中に発信していける努力も日々行っております。

三重大学大学院 消化管・小児外科での臨床研究に関する告示

臨床研究により新しい治療法を確立することは大学病院の使命でありますが、患者様のご協力によりはじめて成し遂げることができるものです。消化管・小児外科では、治療時に学術研究に対する説明を担当医が行い、同意していただける方には「学術研究に対する説明書および同意書」に署名をしていただいてきました。これまでに当科で治療を受けられた患者様で下記に記載されている臨床研究への同意を撤回したいと思われる方は、以下に連絡をお願いいたします。

また人を対象とする医学系研究におきまして、診療情報を利用させていただくことがあります。このような場合、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に基づき、対象となる患者様から直接同意を頂く代わりに研究に用いられる情報の利用目的を含むその研究についての情報を公開し、研究が実施されることについて患者様(ご家族を含む)が拒否できる機会を保障することが必要とされています。
ご自身(ご家族を含む)の診療情報を研究に使用してほしくない場合はオプトアウト拒否通知書(様式)にご記入の上、来院時に病院受付にご提出、あるいはご郵送いただければ幸いです。また、研究の内容についてお知りになりたいことがある場合にも各研究の情報公開文書に記載されている「お問い合わせ窓口」へご連絡下さい。
同意を撤回された場合でも不利な取り扱いを受けることはありませんし、これまでどおり適切な治療を受けることが出来ます。

臨床研究および情報公開 情報公開文書一覧

連絡先

〒514-8507 三重県津市江戸橋2-174
三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻 臨床医学系講座 消化管・小児外科学
研究責任者:問山裕二 研究分担者:奥川喜永
電話:059-232-1111(内線5645) FAX:059-232-6968 E-mail:gipsurgdummy@med.mie-u.ac.jp