がん検診を受けましょう

はじめに

国民の2人に1人が“がん”になり、3人に1人が“がん”で亡くなっています。しかし、皆様ががん検診を受けることで、がんによる死亡を今よりも減らすことができます。
厚生労働省では、がん検診の受診率を50%以上とすることを目標に、がん検診を推進しています。

がん検診の種類

種 類 検査項目 対象者 受診間隔
胃がん検診 問診に加え、胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査のいずれか 50歳以上
※当分の間、胃部エックス線検査については40歳以上に対し実施可
2年に1回 
※当分の間、胃部エックス線検査については年1回実施可
子宮頸がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診 20歳以上 2年に1回 
肺がん検診 質問(問診)、胸部エックス線検査及び喀痰細胞診 40歳以上 年1回 
乳がん検診 問診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)※視診、触診は推奨しない 40歳以上 2年に1回 
大腸がん検診 問診及び便潜血検査 40歳以上  年1回 

がん検診を受けるには

お住まいの市町村では、健康増進法に基づいて、がん検診を実施しています。ほとんどの市町村では、がん検診の費用の多くを公費で負担しており、一部の自己負担でがん検診を受けることが出来ます。
なお、おつとめの職場や、加入する健康保険組合等でもがん検診を実施している場合がありますので、ご確認ください。

出典:厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059490.html