三重県のがんの実情

三重県のがん死亡

国および三重県の三大死因別にみた死亡者数の推移

日本の死因別の死亡者数を見た場合、がん・心疾患・脳血管疾患の三大死因による死亡者数の割合は、全死亡者数の約5割を占め、がんは死因の第1位になっています。本県においても、昭和57年に脳血管疾患を上回り、それ以降はがんによる死亡者数が最も多くなっています。

国と三重県における三大死因別死亡者割合

三重県における主な死因別粗死亡率の推移

がん死亡者数の部位別内訳(男女計)

本県におけるがん死亡者数は、肺がんによるものが最も多く、次に、大腸がん、胃がん、膵がん、肝がんとなっています。胃がんによる死亡者数は減少傾向にあり、年々増加傾向を示している大腸がんによる死亡者数と逆転しています。他のがんについては、膵がんが増加傾向を示しています。

三重県における主な部位別死亡者数の経年推移

主要ながんの男女別標準化死亡比

標準化死亡比とは、年齢構成の違いを気にせず死亡率を比較する指標です。国を100としたときに本県の数値が100を超える場合は、全国よりも死亡率が高いと判断されます。本県においては、男性の前立腺がん、女性では胃がん、大腸がんによる死亡率が全国平均より高くなっています。

がん標準化死亡比(男性/女性)

三重県のがんの罹患

がん種別罹患割合

全国がん登録情報における本県の主要部位別罹患数(登録)を見ると男性は肺、前立腺、大腸(結腸・直腸)の順に多く、女性では乳房、大腸、肺の順に多くなっています。

三重県における部位別罹患割合

年齢階級別罹患数

本県の地域がん登録を集計した集約データから年齢階級別罹患(登録)状況を見ると20歳代から50歳代前半では女性が男性より高く、60歳代以降は男性が女性より顕著に高くなっています。

三重県の年齢階級別罹患数

小児・AYA世代のがんの状況

本県の15歳未満のがんの罹患状況を見ると罹患数は、毎年30人弱で推移しています、部位別に見ると成人とは異なり白血病、脳・中枢神経系および悪性リンパ腫が6割を占めます。AYA世代(15歳~39歳以下)の罹患状況は、30~39歳代では乳がん、子宮頸がん、甲状腺がんの順となります。

三重県の小児・AYA世代のがん罹患数 三重県の小児・AYA世代に多いがん