超音波(エコー)検査室

 エコー検査室では、心臓・腹部・血管・甲状腺など様々な部位のエコー検査を行っています。近年、日常診療や先端医療におけるエコー検査の重要性は増しており、さらに検査領域の多様化、専門化が急速に進んでいます。これらに適切に対応し、さらに三重県の医療をリードするために、超音波検査士・血管診療技師・脳神経超音波検査士といった認定資格を積極的に取得し、検査技術の向上に努めています。

エコー検査とは
  人の耳には聞こえない高い音で身体の中の状態を調べる検査です。
  痛みや放射線被曝の心配もなく、安全で身体に優しい検査です。

検査所要時間
下肢静脈検査の様子   検査部位によって異なりますが、
検査所要時間は
15〜30分程度です。

医師からの依頼内容や画像描出の難易度
  などにより時間がかかる場合もあります。



検査を受ける際の注意点
  •  着脱しやすい服装でお越し下さい。
  •  検査部位によっては絶食が必要です。医師の指示に従ってください。
  •  検査の際に息止めや体位変換をお願いする場合があります。

各種エコー検査について

心エコー検査
 心臓の形、壁の厚さや動き、弁の形態や動き、心臓を通過する血流などを評価し、心疾患の有無や原因などを調べます。より詳細な情報得るために、循環器内科医師による経食道心エコー検査や負荷心エコー検査等も行っています。


腹部エコー検査
 肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓などの腹部臓器の大きさや形態、血流の状態、病変の有無などを調べます。


頸動脈画像 頸動脈エコー検査
  脳血管につながる頸動脈の形状や血流の状態などを観察し、主に動脈硬化の有無を評価します。血管に高度の狭窄や閉塞が疑われる場合は、より精密な検査が行われます。


下肢静脈エコー検査
 下腹部から下腿の静脈に血栓がないかを確認します。また、下肢静脈瘤など、病態によっては血流状態や弁不全の有無についても調べます。

下肢動脈エコー検査
 下腹部から下腿の動脈形状や血流の状態などを観察し、主に動脈硬化の有無を調べます。血管に高度の狭窄や閉塞が疑われる場合は、より精密な検査が行われます。


甲状腺エコー検査
 甲状腺の大きさや組織性状、血流の状態、および病変の有無などを調べます。



 
   トップページ
   ご挨拶
   各部門の紹介
      中央採血室
      生化学検査室
      血液検査室
      一般検査室
      遺伝子検査室
      細菌検査室
      心電図検査室
      呼吸機能検査室
      脳波検査室
      エコー検査室
 
   臨床研究
   院内検査項目一覧
   院外処方箋基準範囲
  






















三重大学医学部附属病院 〒514-8507 三重県津市江戸橋2丁目174 TEL:059-232-1111(代表)
Copyright© Mie University Hospital. All Rights Reserved.