心電図とは
 心臓の筋肉は、全身に血液を循環させるために収縮と拡張を繰り返し、その時微弱な電流を発生させます。
 心電図とは、その心臓の動きを電気的な波形として記録することで、心疾患の診断や治療に役立てるものです。

心電図検査


検査方法
 心電図検査の所要時間は
3〜5分です。
胸、手首、足首部分の素肌が見えるように服や下着をずらし、ベッドに仰向けに休んでいただきます。
 次に、両手首と両足首の4ヶ所、胸に6ヶ所電極を取り付け、心電図を記録します。

 この検査は、心臓から発生する電流を機械が感知して記録するもので、機械から電流を流すのではありません。
 よって、苦痛や感電の心配は全くありません。


検査を受ける際の注意点
  ストッキングをはいている方は脱いでいただきます。
  時計やネックレスなどはつけたままでもかまいません。


検査からわかること
  •  心筋梗塞や狭心症、心筋症など心臓の筋肉に異常がないか
  •  心臓の拍動リズムの乱れ(不整脈)がないか
  •  その他
      甲状腺機能障害などの影響がどのくらい心臓に及んでいるか
      電解質(カルシウムやカリウムなど)の異常など


ホルター心電図とは
 24時間に渡って心電図を連続して記録する心電図検査法です。
 不整脈など、短時間では正確に測定できない疾患の診断や経過観察に多く用いられます。


検査方法
 胸部に5ヶ所、シール電極を貼り付け、コードで小型の心電計とつなぎます。心電計はベルトで腰に巻きつけ、
24時間装着することで記録を行います。


注意点
 ホルター心電図の装着と同時に、患者様には行動記録(睡眠時間、食事、トイレ、運動、自覚症状)を紙に記入していただきます。
 また、心電計は水にぬれると故障するため、ホルター心電図装着時はお風呂やシャワーは避けて下さい。



ABI検査とは
 ABIとは足関節・上腕血圧比(Ankle Brachial Pressure Index)の略です。つまり、足首と上腕の血圧を計測し比較することで、動脈の詰まりや動脈硬化の程度を調べる検査です。


検査方法
 ABI検査の所要時間は
10〜15分程度です。
 上半身は薄いシャツ一枚だけになり、靴下やサポーターなど足を締め付けるものはぬいで、ベッドに仰向けに休んでいただきます。
ABI検査
 まず、両足首と両腕の4ヶ所に血圧計を巻きます。次に、両手首に心電図の電極をつけ、胸のうえに心臓の音を記録するためのセンサーをおきます。
 この状態で、血圧測定を2回行います。


注意点
 検査では力をぬいて、リラックスしてください。
 手や足は動かさないようにし、測定中は会話をしないで下さい。


検査からわかること
 ABI検査では、主に
ABIPWVという2種類の項目について調べます。
 ABI値は足関節・上腕血圧比(Ankle Brachial Pressure Index)の値のことで、動脈の血管に詰まりがないかを反映します。
 PWV値は脈波伝播速度(Pulse Wave Velocity)の値のことで、動脈の硬さを反映します。


 
   トップページ
   ご挨拶
   各部門の紹介
      中央採血室
      生化学検査室
      血液検査室
      一般検査室
      遺伝子検査室
      細菌検査室
      心電図検査室
      呼吸機能検査室
      脳波検査室
      エコー検査室
 
   臨床研究
   院内検査項目一覧
   院外処方箋基準範囲

































































三重大学医学部附属病院 〒514-8507 三重県津市江戸橋2丁目174 TEL:059-232-1111(代表)
Copyright© Mie University Hospital. All Rights Reserved.