医療法人
富田浜病院

施設の特徴

創立98周年を迎える富田浜病院は、トータル・ヒューマン・ヘルスケア・ユートピアの構想の下に、予防医療、急性期から慢性期の医療、そして介護を一体的に提供できるケアミックス型病院として地域に貢献しています。より安全で、より確実な医療・介護を提供し、患者様、ご利用者様とその家族の方々に安心し、満足いただける病院となるため、日々新しい医療を取り入れ、他の医療機関・介護施設との連携にも積極的に取り組んでいます。また職員一人ひとりが働き甲斐の持てる職場作りにも力を入れています。

研修科の診療内容

病棟診療

臓器別ではない、主として成人・高齢入院患者や複数の健康問題(心理・社会・倫理的問題を含む)を抱える患者の包括ケア、緩和ケアなどを経験する。

高齢者(特に虚弱)ケア

地域と密接にかかわり、病的老化と生理的老化を意識しつつ、QOL向上を追求し実践していく。

複数の健康問題を抱える患者への対応

臓器別でない全身を網羅する横断的なアプローチを常に意識し実践していく。

必要に応じた専門医との連携

近隣主幹病院や診療所の特色を理解し、脳疾患・心疾患・腎疾患および小児科・産婦人科疾患を主に連携強化を図る。すでに地域連携室の相互理解が確立している。

心理・社会・倫理的複雑事例への対応

相談員を活用し、多職種が連携して、心理的、経済的および生活的問題を、家族を含めて話し合いをこまめに行い、円満に解決していく。

癌・非癌患者の緩和ケア

癌末期および非癌疾患末期を区別することなく、その特有な症状を積極的に緩和する。麻薬だけでなく、心理的な緩和ケアも同時に行う。また家族の心理状態も把握し対応する。

退院支援と地域連携機能の提供

多職種共同で、在宅復帰や施設入所の方向性を確認し、ケアマネージャーやかかりつけ医との連携を強化し、シームレスな医療や介護が受けられるように調整する。

在宅患者の入院時対応

通院中および在宅クリニックと積極的に連携し、可能な限り受け入れる。

外来診療

臓器別でない外来で、救急を含む初診を数多く経験し、複数の健康問題を持つ患者への包括的ケアを経験する。

救急外来および初診外来

常に緊急事態を想定し、初期安定化を図る。臓器にとらわれず、全身を網羅する横断的なアプローチを常に意識する。不測の事態にも緊急対応できるスキルを獲得していく。

臓器別でない外来で幅広く多くの初診患者に対応

外傷を除く疾患について、全身的なアプローチを常に意識し、実践していく。

よくある症候と疾患

疫学の価値を理解し、事前確率および事後確率を使いこなす。ICD分類を意識し、いわゆる ICPC分類を活用しながら最終診断する。

臨床推論・EBM

ガイドラインだけでなく、患者の解釈モデルや個人経験も導入して、系統的な鑑別診断を行いつつ、正確な診断を追及する。さらにいわゆる5aやPECOを意識し、最新の知見はPubMedなどの文献検索を利用する。

複数の健康問題への包括的なケア

臓器別でない全身を網羅する横断的なアプローチを常に意識し、実践していく。特に、高齢者のさまざまなアウトカムを勘案した臨床判断や意思決定のサポートも忘れてはならない。

診断困難患者への対応

緊急性の高い疾患を除外し、可能性のある診療科に紹介する。場合によっては大学病院など権威ある高度医療機能病院に紹介する。

研修中に定期的に行う教育

当施設で行う勉強会・カンファランス・カルテチェックなどの教育機会

多職種合同カンファランス、院内感染勉強会、医療安全勉強会、NSTイブニングセミナーなど

他施設で行う教育・研修機会

三重脳卒中医療連携研究会、四日市感染地域連携カンファ、四日市糖尿病連携研究会、四日市医師会研究会など。

研修責任者からのメッセージ

今後必要性が高まることが間違いのない総合診診療医を目指して、高い志と意欲を持った先生方の応募を切望しております。ともに研鑽を積み、日本の医療のために取り組んでいきましょう!

PHOTO

施設概要

所在地

三重県四日市市富田浜町26-14

連絡先

059-365-5535

病床数

145床
うち研修担当科の病床数:145床

医師数

常勤医10名

診療科

内科、外科、整形外科、形成外科、リウマチ科、リハビリテーション科

研修プログラムでの担当科目

総合診療専門研修Ⅱ

募集要項

身 分

常勤

宿 舎

あり

当直/待機

月1~2回程度