伊勢田中病院

施設の特徴

当院の創業者は江戸時代に金沢で医業を営んでおりましたが、江戸末期に伊勢市磯町に移り住み、医業を行っておりました。伊勢市曽祢町の統治に開設したのは1922年です。初代は田中繁蔵、2代目は田中式部で、3代目が田中民弥です。
当院では、急性期医療を終えた患者様に対しまして、入院型の高度慢性期医療を提供しています。人工呼吸器や透析に関する最新の医療機器を導入し、知識豊富なスタッフが昼夜治療にあたっております。
また、当院では、在宅支援救急医療に注力しております。他医療機関や老人ホームなどの老人入所系施設との連携し、地域全体の医療の質の向上に寄与してまいります。

研修科の診療内容

病棟ケア

人工呼吸器患者、人工透析患者を主とし、在宅や施設からの急性期の患者を対応しております。

訪問診療

市内全域の通院困難患者や施設入居者に訪問看護ステーション等と連携して、24時間体制で対応しております。

研修責任者からのメッセージ

在宅医療においては、人工呼吸管理、中心静脈栄養管理等の高度な医療が研修できます。
病棟ケアにおいては、回復期の患者について研修ができます。

PHOTO

写真は準備中です

施設概要

所在地

三重県伊勢市大世古4丁目6-47

連絡先

0596-25-3111

病床数

93床

医師数

常勤4名 非常勤12名 計常勤換算で7.5名

診療科

内科、外科、整形外科、腎臓内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器外科

研修プログラムでの担当科目

総合

募集要項

身 分

常勤(非常勤も可)

宿 舎

宿舎については近隣で探します

当直/待機

原則ありません。