西岡記念セントラルクリニック

施設の特徴

西岡記念セントラルクリニックは、家庭医療/総合診療と難病診療を中心としたクリニックです。地域に根ざしたクリニックとして、年齢や性別、臓器を問わず、あらゆる疾患や健康問題に対応し、外来診療のみならず訪問診療を提供しています。また、県内では数少ないリウマチ膠原病をはじめとした難病に対しての専門診療を行っております。
病態に応じて、三重県立志摩病院、伊勢赤十字病院、三重ハートセンターなどの基幹病院との密な病診連携を行っております。また、訪問看護の提供、居宅介護支援事業所を通じて、医療と介護福祉における多職種連携にも力を入れています。

研修科(総合診療科)の診療内容

総合診療外来

地域で最初に受診するクリニックとして、様々な症状/疾患の診療を行っています。また、予防接種(成人・小児)、乳児健診、健康診断、栄養指導など、予防や健康増進のための診療にも力を入れています。
リウマチ膠原病だけでなく、神経内科、腎臓内科、循環器内科、整形外科、皮膚科の専門外来(非常勤医師)があり、必要に応じて速やかな専門医コンサルトが可能です。

訪問診療

居宅および施設訪問診療を行い、慢性疾患、がん・非がん終末期患者をフォローしております。安心して在宅療養を送れるように、周囲の基幹病院、訪問看護ステーション、ケアマネ事業所などとの連携を重視しています。

その他

学校医、産業医、住民学習会などクリニック外での活動も行っております。

研修責任者からのメッセージ

長年通院中の患者さんが一時的に調子を崩したら在宅療養へ移行し、また回復したら外来フォローへ戻して、最期は自宅で迎えられるようにサポートする。おばあちゃんが孫をつれて、同じかぜ症状で受診する。喘息でフォロー中の女性が、出産後に赤ちゃんを連れて予防接種目的で来院する。このような様々な状況に対応できるのが総合診療医の醍醐味であると考えています。
また当院では、専門医と相談しながら一般のクリニックではあまり経験しないような症例をみることもでき、スキルアップに繋がります。
忙しいクリニックですが、幅広い経験ができると思います。
是非一緒に頑張りましょう!