名張市立病院

施設の特徴

名張市立病院は、高度な二次医療と救急医療に重点を置いた地域医療を担う総合病院として平成9年4月に開院しました。

病院の概要としては、急性期病床200床を有し、内科、循環器内科、外科、整形外科、脳神経外科、小児科、眼科、麻酔科、放射線科の9診療科を標榜しています。また、専門外来として、小児発達支援外来をはじめ、神経内科、腎臓内科、泌尿器外来、呼吸器内科、糖尿病外来、乳腺外科を設けるなど、幅広い医療を提供しており、地域の医療機関との役割分担と連携を図るため、内科と循環器内科については完全紹介外来制を導入しています。

また、救急医療については、二次救急医療を堅持するため伊賀地域3病院による輪番制の一翼を担うとともに、独自に小児救急医療センターを開設して24時間365日の小児二次救急医療を実施するなど、伊賀地域はもとより周辺地域の皆様の期待に応える医療の提供に努めています。

さらに「地域医療支援病院」の承認や「災害拠点病院」の指定を受けるなど、地域医療の向上と充実を図るための取組や大規模な災害が発生した場合の医療救護活動の中核病院としての役割を担うための整備を行い、病院の機能を高めてきました。

総合診療科では、いわゆるコモンな疾患はコモンな頻度で、稀な疾患は稀な頻度で経験できるため、大学病院や大規模な総合病院などの3次医療機関では実感しにくい、現実に即した疾患割合を経験することができます。

すべての主訴に対応し、総合診療科内で対応可能なものと臓器別専門医の協力が必要なものを適切に判断し、医学的・心理的・社会的な原因を問わず、困っている患者さんの力になれるよう日々診療にあたっています。

周辺地域との連携も多く、地域の開業医との合同勉強会や、天理よろづ相談所病院総合内科での合同カンファレンス、地域住民を巻き込んだ隠(なばり)サマーキャンプなど、年間を通じて地域イベントも目白押しです。

総合診療科Ⅱの診療内容

指導医4名、後期研修医2名で診療にあたっており、総合診療医の中でも「病院総合医」としての診療を主に行っています。

外来では、内科系初診外来(主に診療所や施設からの紹介)とそのフォロー診療を行っており、後期研修医も初診枠と再診枠を担当します。

救急外来では、主に内科系疾患の診療を、初期対応からアセスメントまで後期研修医が主導して行います。

病棟管理については、主に内科系患者を担当していますが、その守備範囲は極めて多岐に渡ります。総合診療科だけで年間1135人の新規入院患者を担当しており、多い順に肺炎 315 例、急性期脳梗塞117 例(t-PA症例と判断したら必ず脳外科医と連携しています)、急性腎盂腎炎 50 例、末梢性めまい34 例と膨大な経験を積むことが可能です。感染症診療にも力を入れており、臨床感染症診療の適切な流れを学ぶことができます。

担当症例については、直属の指導医との連携だけでなく、毎朝のカンファレンスでディスカッションすることにより診療の質を担保しています。

なお、医学的な急性期管理は元より、家族背景や患者の心情・ADLなどに配慮した診療を重視し、外来→入院→退院後外来(場合によっては患者宅への訪問診療)といった一連の流れをマネージメントできる能力が身につきます。また、週に1回、維持透析患者の回診を行うことで、透析患者の慢性期管理も学びます。

内科の診療内容

当院の内科は、総合診療科以外に、循環器内科と消化器内科の二つの分野に分かれて診療を行っています。

循環器内科では、平成28年4月現在、3名のスタッフで日々の診療にあたっています。

対象とする主な疾患は狭心症や心筋梗塞、心不全、不整脈などの心臓疾患や、大動脈や末梢血管などの全身の血管疾患です。救急でカテーテル治療が必要な場合には、迅速に実施できる体制をとっています。平成26年の経皮的冠動脈インターベンション件数は330件を超えており県内でもトップレベルの件数です。

また、平成26年3月からは不整脈に対するカテーテル・アブレーションを開始しています。この治療は心房細動などの不整脈に対して、その原因となっている心臓内での異常な電気興奮の発生箇所に高周波電流を流して焼き切る治療で、根本的な治療とされています。

消化器内科では、平成28年4月現在、常勤医師3名と隣接する介護老人保健施設の施設長を加えた4名で診療に当たっています。日々進歩し多様化、専門化する医療情勢に対応するには医療資源的に十分とはいえませんが、近隣医療機関、大学病院との連携で、時代に対応した医療サービス、研修を目指しています。

小児科の診療内容

小児科研修の第一目標は外来研修において家族(主に母親)、病児との医療面接によって良好な信頼関係と人間関係を確立し、以後の医療がスムーズに行える様なコミュニケーションのとり方、対処方法を学ぶことです。

更に小児期の疾患のうち多く見られる呼吸器疾患(気管支炎、肺炎、喘息など)や消化器疾患(急性胃腸炎など)と、それに伴う脱水などに対して的確な診断、検査、処置、治療が行えるよう研修することも基本的な目標としています。また、専門外来において循環器疾患(先天性心疾患、不整脈など)、痙攣性疾患(熱性痙攣、てんかんなど)、アレルギー疾患(喘息、アトピー性皮膚炎,食事アレルギーなど)等の診断、処置、治療等を学びます。

また、救急外来において救急医療を体験することにより発熱、痙攣、喘息などによる呼吸不全、異物誤飲誤嚥,腸重積などの小児救急疾患の種類、診断、病態の把握、対処法を学び重症度に基づくトリアージの方法を学びます。

更には病児のみでなく新生児、乳幼児の健診を行なうことで小児の成長、発達の特性を学び母親の育児不安を解消して育児支援に役立つことを学びます。

予防接種外来においては予防接種を体験し、小児期に行なう予防接種の種類、望ましい接種時期、接種方法、接種後の副反応や禁忌などについても学びます。

研修責任者からのメッセージ

後期研修は医師として飛躍する時期です。上級医に教わるばかりでなく、自分なりに考えた疑問を臆することなくぶつけることが成長への足がかりとなります。決して楽な仕事ばかりではありませんが、それを上回る自己の成長を実感できる時期でもあります。

総合診療科における臨床医学領域では、コモンな疾患の典型的なプレゼンテーションは当然として、コモンな疾患の非典型的なプレゼンテーションや、そもそも稀な疾患についても守備範囲にしています。多くの急性疾患(特に感染症)は治療まで完結します。

また総合診療医は、臨床医学の臓器別の境界線を越えるだけでなく、医療と社会との不明瞭な境界線をも越えていくことが特徴のひとつです。単なる主訴の組み合わせや診断基準に照らし合わせるだけの医療に捉われることなく、患者・家族の心理面や社会資源の活用なども考慮し、目の前の患者にとって何がベストかということを常に考えています。

人間が好きな人、幅広い知的探究心が尽きない人、すべての主訴に対応できるようになりたい人、医師としての基本的な土台をしっかりと固めたい人、いつか無医村や離島でも働けるようになりたい人など、多様なニーズに応えます。好奇心が常に刺激される毎日を一緒に楽しみましょう。

PHOTO

施設概要

所在地

三重県名張市百合が丘西1番町178番地

連絡先

TEL 0595-61-1100(代表)
FAX 0595-64-7999

病床数

一般病床200床
うち研修担当科の病床数:内科病床98床

医師数

40名(うち、総合診療科スタッフ4名、後期研修医2名)

診療科

内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、眼科、放射線科、麻酔科

研修プログラムでの担当科目

総合診療Ⅱ、内科、小児科

募集要項

身 分

研修科・勤務期間に応じて正規職員または臨時職員(予定)

宿 舎

併設官舎(2DK 月20,000円、3DK 月30,000円)、満室の場合は民間物件を借上げ

当直/待機

当直月4回程度、待機月3回程度