三重大学総合診療ネットワークのブログ

お知らせ

中部ブロック支部ポートフォリオ発表会<参加レポート>

3月7日(土)、中部ブロックポートフォリオ発表会が開催されました。三重大学家庭医療学後期研修プログラム修了生の近藤諭先生より当日の参加レポートをいただいております。

===========================================================
三重大学家庭医療学後期研修プログラム修了生の近藤です。

中部ブロック支部ポートフォリオ発表会で、宮松先生が最優秀賞を受賞されました。
宮松先生のポートフォリオ作成をお手伝いする機会がありましたので、とても嬉しく思っています。

「中部ブロック支部ポートフォリオ発表会で、最優秀賞を取れそうだね・・・」
発表のきっかけとなったのは、三重大学家庭医療学後期研修プログラム内で年数回行われているポートフォリオ発表会での指導医の森先生のひとことでした。

宮松先生は発表するか悩んでおられましたが、冬期セミナーで上京された際に、プログラム卒業生の近藤からも発表をお勧めしました。
すでに十分完成されたポートフォリオを、森先生・原田先生・近藤とのSkypeやメールを通じ、さらにブラッシュアップされ、発表の日を迎えました。

今年の中部ブロック支部ポートフォリオ発表会は、テレビ会議を用いて完全オンライン化して行われました。
他のプログラムの専攻医のみなさんの実践・発表は例年にも増して素晴らしいもので、宮松先生の受賞間違いなし!と思っていた我々指導医が慌てるほどハイレベルな発表が続きました。

そんな中でも、宮松先生は臆することなく堂々と発表され、指導医の質問へも省察の深さが滲み出る素晴らしい応答で、私たちの不安は喜憂に終わり見事最優秀賞を受賞されました。
宮松先生がこれまでの研修を通じて成長してきたことが評価され、私たち指導医もそれを表現するお手伝いができたと感じています。
宮松先生の発表は、参加した他のプログラムの指導医たちにとっても自らの診療を振り返るきっかけとなり、それが最優秀賞へとつながったのでしょう。

優秀な総合診療医の育成を通じて、地域の皆さんのお役に立てるようにプログラムの指導医・指導者、プログラム卒業生も含めて一丸となり、これからも専攻医の先生の成長を支援して参ります。
===========================================================

一覧を見る