三重大学総合診療ネットワークのブログ

イベント報告 大学スタッフのアカデミックな日々

家族システム医学フェローシップ スーパーヴィジョンを開催しました。

12月3日(土)、家族システム医学フェローシッププログラム、2016年度第6回スーパーヴィジョンが家庭医療学教室にて開催されました。
The 6th supervision of the fellowship program in medical family therapy took place at Department of Family Medicine, Mie University on Dec 3, 2016 

スーパーヴァイザー(講師)はTodd Edwards先生(サンディエゴ大学)、Skypeにて指導いただきました。ディカルファミリーセラピーのエクスパートで、昨年当科の集中コースからご指導いただいています。時差のため朝7時から始まりましたが、5名が参加し3つのケースを振り返りました。うち一つをご紹介します。
The supervisor was Dr. Todd Edwards (University of San Diego), an expert of medical family therapy. He participated via Skype. He has supported this program since our last year intensive course. We started the supervision at 7 am due to the time difference, but five participated. One of the three cases we discussed were anonymously described as below.

ケースの1例 A case
排尿時痛、腰背部痛を主訴に通院中の40代女性。幼少時の両親の離婚、一人暮らしで病気の母親の介護などの家庭事情を抱えていた。支持的に接することにより、症状は小康状態を保っていたが、Todd先生は、担当者が気に留めていなかった患者の不安に着目、本人は多くのことを一人で抱えすぎ、いつどうなるか分からない要素に迫られている。友達や周囲の人の支援を、積極的に得るよう促していくことが大切等のアドバイスを頂きました。
私たちは介護や多くの負担を抱える患者を、当然のように受け止めがちですが、その負担が患者を疲弊させ、種々の愁訴につながっていたことを改めて考えさせられました。
40s-year-old woman has come to the clinic for urination pain and back pain. She experienced her parent’s divorce and care-giving for her mother who lives alone. Supportive listening to her makes her symptoms relieved. Dr Edwards pointed out her anxiety that we were not aware of. She was concerned about many unpredictable factors by herself. Dr. Edwards suggested it is important to empower her to get support from her friends or relatives.

We are likely to regard patient’s burden as normal issues, but we learned the burden may lead to patient’s exhaustion, and medically unexplained symptoms.

一覧を見る